自信がない自分には引きこもりでできるブログが最強だと分かった

自信がなさすぎて外出も怖い、他人と交流するのも怖いという自分にはなぜブログが適しているかを考察していきます。
引きこもり体質、対人恐怖症の人はまじでブログが最適ですよ。

ハゲが原因で人に会うのが怖い

一番の理由はこれかもしれない。

自分は朝起きて、髪型をセットして、人に変だと思われないか確認して大丈夫になってからじゃないと外に出ることができないです。

毎日これ繰り返してるの面倒だなーって分かってはいるんですけど、やらないと外出もできないのでやるしかない。

まだ今は髪型でハゲを誤魔化すことができているつもりですけど、いずれは禿げきってしまうともうどうしたらいいでしょうか…。

 

人に会うのが怖いというよりも、人に見られるのが怖いのかもしれません。

そんな人間がサラリーマンやってることが信じられませんが、スーツを着ているときは別人になれるみたいななんかそういうのがあります。

「コスプレしてるときは自分じゃないもん!!!」

みたいなコスプレイヤー現象がスーツでは起きています(笑)

着る服がないから外に出るのが億劫

仕事のときはスーツがあるから問題ないです。

問題があるのは休日など私服で外出しないといけないときです。

ハゲが原因もあり、昔から外出は億劫だったので服にも興味がなかった。

「え?服にお金かけるなんて馬鹿じゃない?」

なんて考えていました。マジです。

ただの負け惜しみと、自分のセンスのなさを誤魔化すために言っていたのですが、今でも何着たらいいんだろーって悩んでいます。

 

髪の毛も気にして、服にも気にしないといけない、そんなに考えることがたくさんあるなら家で引きこもってできるパソコンのほうが精神的にも楽だったんですよね。

ツイッターなどは成果がすぐ分かるからつらい

外出が苦手なのは分かった。でも実はネットの世界でも人からどう見られているかが気になってSNSもまともに続けることができなかったです。

つまり自分は潜在的に引きこもり、他人から評価されるのが苦手な人間なのが分かりますね。

 

ツイッターなどSNSだと いいね とか ナイス とかが投稿してすぐに付くこともあるじゃないですか、それが怖いんですよね。

反応があるのは素直に嬉しいです。でも投稿する前には「この内容でいいね付くかなー?」とか考えたり、この発言は矛盾してないだろうかとか考えてしまい、140文字内でつぶやくのにさえ大量の時間を使わなくてはいけなかったです。

もう他人の反応がすぐに分かってしまうものは怖くて仕方がないんですよね。

結果も見たくないから難関校は受験しない、告白も怖いからしたくない、ぜーんぶ結果を受け止めるのが怖いから逃げてきた

それが僕の人生だったので、そういう人間が出来上がるのは必然かもしれません。

ブログは一人でコツコツ続けられる点が最適

まだ弱小ブログなので人も全然来てないです。

それが今の自分には逆に居心地が良いです。

すぐに反応が来るSNSやフォロワー数などで他人と比較して悲観することもないですし、自分にはブログが今のところ続けられるし、副業でも一番最適なのかなって思ってます。

 

SNSだと如何にうまくまとめるか、上手く言ってやろう、140文字で全部詰め込んでやるなんて気負ってやっていたから疲れていたところもありました。
なのでブログでは文字数制限もないですし、話が変わっても段落や見出しで分かりやすくすることもできますし、ブログ最強かな?

むしろ140文字で満足してしまうのはちょっと自分には狭い世界すぎたんじゃないか?

とか思っちゃったりしました。(ネタです。自分が順応できていなかっただけ

 

積み上げてる感が気持ちが良い

ブログを始めて特に思うのが、 もっと早くからコツコツと続けていればよかった ということです。

以前に挫折してしまったブログも消さずに残しておくだけでも、SEO的には再スタートもスムーズに進んだのではないかと後悔してます。

 

ブログの記事が増えていくのも、訪問者数が徐々に増えていくのも、記事のインデックス数が増えていくのも、すべて時間を味方にしていることですよね。
この感覚は短期で結果が分かってしまうSNSでは感じられない達成感ですよね。

ツイッターなんかだとリアルタイム過ぎて毎日ツイートしないとフォロワー増えていかないですし、逆に減っていってしまう。
それに、どうしてもこの考え方は伝えたい!という内容でも、リアルタイムだからすぐに流れていってしまう。(固定もできるけど、そこに考え方とか書くのはちょっとイタイよね)

発言一つ一つが発信したと同時にどんどん鮮度が落ちて腐っていってしまうのがSNSかなって思います。
逆にブログは記事の一つ一つが長期で保存されるまるでワインのような印象を感じます。

SNSのような時間がたつにつれて価値がどんどん減っていってしまうことを考えても、何だか儚いし、そこに労力を掛けるのは割に合ってないよなーと思うのもまた自分がSNSに馴染めなかった要因なのかもしれません。

まとめ

私にブログが適している理由は

  • 外出しなくていい
  • 他人の評価に一喜一憂しなくていい
  • コツコツ積み上げている感覚が気持ちいい
  • 伝えたいことをすべて書き上げることができる
  • 発信した内容が埋もれることがない

以上を含め、マイペースで進めることができるのがいいですね。

最近はネット疲れなんて言葉もありますし、SNS疲れたなー、SNSに振り回されてるなーって人はブログの方が向いているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です