薄毛に悩んでいた学生時代、とにかく外に出るのが怖かった

本当はみんなと同じように外出したいし、デートもしたいし、遊びに行きたいけど髪の毛を気にして外に出ることができなかった。

おしゃれも自分なんかが身だしなみ気にしてもしょうがないでしょう…なんて考えたりして、じゃあ家の中にいるのが一番好きってことにしてゲームしていよう。

そうして逃げに逃げまくった学生時代でした。

外出が嫌で家にいることが大好きなのだと言い聞かせていた

遊園地も行きたい

遊園地も行きたかったですよ、でもおしゃれな大学生くらいの子たちが多いですし、薄毛で悩んでる20代なんて滅多にいないじゃないですか。

全国的に見たらある一定数はいるかもしれませんが、わざわざ遊園地に出向く薄毛の人はもう割り切ってるか、自分は薄毛だと気が付いていないか、次元の違う存在でしょう。

普通に薄毛だったらジェットコースター乗ったあとのことを考えると、乗った時の恐怖よりも恐ろしいですよ。

モノによっては落ちるときに写真撮ってくれるコースターもあるじゃないですか、そんな一大事な場面を撮ってんじゃねえよって感じですよ。

綺麗な海で泳ぎたい

プールはそこまで行きたいとは思いませんが、綺麗な海でダイビングやシュノーケリングなどもやってみたいなーなんて思ってましたよ。

小さなころは沖縄の海とかで肌が真っ黒になるくらい遊んでいたのに、今では髪の毛のことを考えてしまい楽しむこともできない…

海に行っても、まあ海水だし洗うの面倒だし泳がなくていいよね

なーんて入らない言い訳をしていましたね。

外出が嫌で一日中寝ている

ネットフリックスとかHuluとかが出始めていたので、海外ドラマを見まくっていた時期もあります。

外出て、周りの目を気にしてつらい思いするくらいなら、部屋の中で海外ドラマ見てる方が精神的にも、他の娯楽よりも楽しいだろうと思ってたんです。

あと外出が嫌な理由として、髪のセットがたいへんということがありますね。

風呂上がりのドライヤーしたあとのふわふわの状態じゃないと外出るのが怖いです。
時間がたってぺったんこになった髪の毛だと薄毛も目立つ気がして、外出するときには一度シャワーを浴びてからでないと出る気にならなかったのは原因の一つでしょうね。

仕事では割り切ることができる

仕事では周りの目も気になりますが、そんなこと言ってる場合じゃないので頑張って生きるしかないんですよ…

本当に辛かった。

今ではおでこ広いくらいまでに改善しましたが、いつまでもつことやら…

関連記事>>薄毛に毎日悩んでいる20代が若ハゲを劇的に改善したいならこの3つをやっておけ

もし僕が髪の毛が普通にあって、軟毛ででこっぱちじゃない学生生活だったらどうだったかなんて考えることはありますが、どうしようもないですもんね。

もし中学生に戻れるならハゲ対策でどんなことをするかー、どんな人生を送りたいかー、なんて記事を書いても面白いかもしれませんね。

 

薄毛に理解のある人が一人でも増えることを祈っています。
ここまで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

無料メルマガコミュニティもやってます。

ニートや不登校、仕事を辞めたい人などのための無料メルマガコミュニティを作りました。
僕含めて交友関係の薄い人が、間接的でも誰かと繋がれる場になりますので、お気軽にご参加ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です