貴重な時間を無駄遣いしてませんか?

時間は大切

時間が有り余っていた学生時代にもっとネットビジネスに時間を使うことができていれば、今自分はもっと遠いところまで行けたんじゃないかと後悔してもしきれません。

なんで時間の細切さを忘れてしまうかですが、時間は全員、誰でも同じだけ与えられているからですよね。

しかも80年とか想像もできないほど多くの時間を人間は与えられています。

だから、まだ時間がある、いつまでもこんな生活が続くんだと勝手に思い込んでいる。

時間なんてあっという間に過ぎていきますからね。

この記事は3月10日に書いているのですが、年明けからもう2か月も経ったの?って驚いてます。

1か月で人は結構変わることができると思うんですけど、その倍、2か月も過ごして自分は変わることができたのか、もっと効率よく動くことができたんじゃないかと後悔してます。

時間を細分化してみる

時間を細分化してみると面白いです。

1年は12か月ですよね。

12か月は365日

365日は約52週間

365日は8760時間

 

こんな風に細分化してみると、危機感増しませんか?

一年って8760時間しかないんですよ。

 

僕は早く本業以外に収入源が欲しくて、ブログ運営などネットビジネスに手を付けてますが、ちんたらやってたらあっという間に1年、2年と過ぎていってしまいます。

何でもそうですよ。

大学4年間も時間に換算すると 35040時間 

時間で換算すると結構驚きます。

睡眠、ご飯などを削ると…

しかもこれ24時間で計算してますけど、実際は睡眠時間、ご飯、風呂などの時間を削っていくと、自分の時間なんて半分以下になるんじゃないですかね。

一年だったら、よくて2000時間くらいじゃないかな?

その限りある時間を無駄にするかどうかって重要ですよね。

しかも、若い時の2000時間と年取ってからの2000時間じゃあ価値が違うとも思うんです。

 

今頑張ったこと、成し遂げたことが複利的にどんどん知識の雪玉を大きくしていくイメージを僕は持っています。

RPGゲームで例えてみる

ゲームで例えるなら、intelligence(知識、知能)のステータスを上げると、レベルアップ時にボーナスがあるゲームもありますよね。それをイメージしています。

そのボーナスを最大限に享受するためには、最初大変になってでも我慢してintelligence(知識、知能)上げますよね。

目先のことばかり考えたら、技量とか筋力とかのステータスをあげたほうが楽にはなるけど、最終的にステータスを見比べると雲泥の差になっていることになります。

 

だから、若い時にはどんどん知識や経験に時間もお金も使っていくべきだと思うんですよね。

その学んだこと、経験したことが、土台になりどんどん良い循環になっていくはずです。

 

受験勉強は土台にぴったし

もう一つの例えとして受験勉強をあげましょう。

受験を通して勉強を頑張れた人、勉強のやり方が分かった人は、いわゆるFラン大学生などとは4年間の学びの密度が違いますよね。

Fラン大学の学生がまだまだ子供みたいなことをしているうちに、有名大学の学生はさらに上を目指しているのですから、知識の差はもう果てしないほどありますよ。

受験勉強を通して、勉強の仕方が分かっているから、何を新しく学ぶにしても効率が良い。

客観的に自分を見ることができるし、何を今やるべきかも明確に理解しながら取り組むこともできている。

そんな土台を作るためにも受験勉強ってのは重要だったなと、もっと自分も頑張ってればよかったなと後悔してます。

 

後悔してもしょうがない

後悔しまくってることばかり書いてきましたが、後悔しても過去は変わりませんし、変えられるとしたら今から未来にかけてですよね。

何歳からでも構わないから、今から成長する気があれば、可能性は無限なんじゃないでしょうか。

積み上げてきたものがないからもう俺は無理だー

なんて諦めてしまったら、もう成長はありえません。

 

だから、今自分ができることを1つでもいいから、1ミリでもいいから、0,0001ミリでもいいからとにかくやってみることが重要ではないでしょうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です