中途半端にできる人間は努力を怠ってしまう、トップを走り続けるのは難しい

こんにちは、僕は昔からコツコツを長期で何かに取り組むということがあまりできない人間でした。

誰かから強制される、所属するなど他から刺激をもらえれば頑張れたのですが、自分を律するのはてんでダメでした。

なぜ自分は頑張り続けるということができないのか考察していきます。

最初は自分が圧勝する、そのあと負ける

結局負ける

僕はゲームでも、楽器でも、勉強でも、何をやらせてもそれなりに最初はできる人間です。
でも瞬発力あるけど、すぐに飽きてしまう、というよくいる人間でもあります。

勝っているゲームをずっと続けるのは面白くないのか、僕はそこで継続することを辞めて新しい面白いものにすぐ移っていってしまいます。
でも成功している人間は違います。もともと勝負にこだわっていないのか自分のペースでコツコツを上達していくのです。

なので時間が経ってからお互い勝負や披露したりするときには結果が逆転しているんですよね。

勝ち逃げしたい気持ちがある

どこかで勝ち逃げしたい自分がいるんです。
負ける自分を見たくないし、負ける自分を見せなくないのです。

勝ってるうちに勝負を切り上げる速さは尋常じゃないです。僕には投資の才能があるかもしれません…。

時間が経つと実力の差がはっきりでてくる

当たり前ですが、自分は強制されないと継続できない人間だったので、実力は最初のころと変わっていません。
一方継続ができる人は一人でも黙々と練習や勉強するのでどんどん強く、賢くなっていきます。

そこでくっそー、俺も勉強して追い抜いてやる!!

ってなればいいんですけど、まあならないんですよね。

今さら勝負しても負けるのが目に見えてるし、努力するのできないし、もう戦いの場から身を引く方が綺麗でしょ?なんて考えてしまいます。

継続するための考え方

ブログや筋トレ、ピアノ、数学など挑戦して結局途中で諦めたもののほうが多いのが僕という人間です。
でも最近は少しづつそういう自分一人で努力するものも継続して頑張ることができるようになってきました。

守破離を徹底する

一人で何かに新しく取り組むときは無茶な計画を立ててしまうから挫折してしまうというケースが多いです。
僕もまんまそのケースの人間でした。

でも大学入ったくらいに「守破離」という言葉の重要性を知り、守破離を徹底するようになってからは少しは継続できるようになりました。

守だけでいい

守破離の「守」とは最低限のこと、真似ること、初心を忘れないこと、そんな意味です。
もう何をやるときも「守」だけ守ってればいいと割り切って考えるようになってから、日記、読書、青汁、新聞など今まで続かなかったものが長期間続くようになりました。

今はそこに、勉強とブログが加わったのですが、なんとか続けられそうだなと思っているところです。

あのイチローも言っているように「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。」というのは簡単なようで難しいのだと痛感する毎日です。

今まではいきなり無茶な計画を立てたり、無理をしていたのですから、そりゃあ続かないよってことですよね。

日記で努力を見える化する

何かを継続して頑張るときは、できた日を記録する、続かなかったけど復活した日を記録する、ことが効果的です。

そういう意味で言えば、日記を書くというのは継続するために最も適した、継続初心者へお勧めしたい趣味第一位になりますね。

僕は日記に今日やったこと、できたことを書けるだけ書くので、それが結果的に努力の確認になり全体を良い方向へ進めていたのかなと考えています。

何か新しいことに取り組みたい人は、日記と合わせて取り組むと長続きすること間違いないです。

このブログの最低限

最後にこのブログの最低限を考えて終わりにします。

ブログ運営で一番重要なのは記事を書くことですよね。

文字数も、タイトルも、キーワードも、どれも絶対に必要なものではないです。なのでまずは毎日記事を書くことを目標にするのが今の自分には適してるかなって思っています。

毎日記事を書くのも最初はいける気がしますが、ちょっと厳しい日も出てくるでしょう。じゃあ二日に一回くらいの更新を最低限にして、記事を書ける日はどんどん書いてしまう。そんな感じでゆるーく目標を決めて運営していくことにします。

テーマやブログタイトルなど確定していないことも多く、どうしようかなーって考えていてちょっとストレスになってるので、ブログの一番重要なのは記事を書くことという本質に戻ろうと思います…。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です