【無敵】引きこもりやニートは有り余る時間で勉強したら最強になれる

引きこもりやニートしてて、遊びつくしてしまって暇だなという人っていますよね。
有り余る時間を勉強や自己研鑽に当てたら正直一般人では太刀打ちできないくらい最強だと思いませんか?

こんにちは、元引きこもりのくにみつです。
中学の時に1年間不登校で引きこもり経験があります。
今思い返すと、当時の有り余る時間でゲームではなく何か自己研鑽に時間を使うことができれば今頃どうなっていたのか少し気になります。笑

そこで今回は、もし引きこもりやニートが有り余る時間を自己研鑽に費やしたらどうなるかを考察していきます
具体的な案なども紹介していきますので、よかったら目を通していってください。

24時間自由に使えるのは最強

まず前提として、24時間全てを自分のために使えるのは最強です。

ほとんどの人は生まれてから24時間を全て自分のために使うことはできません。
できるのは赤ちゃんくらいでしょう。

子供も寝る時間が決められたり、幼稚園に行ったりと自由に見えて自由ではありません。
好きなことだけやりたくても、親に止められてしまうでしょう。

つまり、ニートや引きこもりというのは普通の人とは違う存在と言っても過言ではありません。
まさに精神と時の部屋状態ですので、この期間を無駄に浪費してしまうか、強くなって生まれ変われるかはあなた次第です。

ちなみに精神の部屋とはドラゴンボールに出てくる修行場のことで、部屋の中の1年が外界の1日に相当する。また、扉を閉めている状態では外界と完全に隔絶されるという特徴もあり、外界を気にせず修行することができる。

このことから、引きこもりの部屋となんだか似ているので例えで使わせてもらいました。

具体的な案を考えてみた

24時間の使い方として具体的に考えてみました。

・大学受験の勉強をする
・ブログを書く
・本を読む
・楽器を練習する
・筋トレをする
・動画投稿をする
・動画編集を学ぶ
・プログラミングを学ぶ
・資格を勉強する

少し考えてみるとこれだけ出てきました。
どれも満遍なくやるのではなく、一つやりたいことを絞って短期集中で決めたことだけやる生活を送ったら数ヶ月で別人になれるでしょう。

ここに挙げたのは一例に過ぎず、選択肢は無限にあるはずです。
あなたが好きなこと、得意なことを伸ばすのもいいですし、将来のために役立つスキルを伸ばすのもいいでしょう。

達成した姿を想像したらやる気が溢れてくる

そうは言ってもいきなりストイックに行動に移せるほどタフだったら引きこもってはいませんよね。
でも少し想像してみてください、もしも毎日決めたことを続けたらどうなるのかを、、、。

恐らくにやけてしまって堪らなくなるんじゃないでしょうか?

大学受験の勉強であれば、数学だけにフォーカスすれば半年もかからずに偏差値を70程度まであげることができるでしょう。
英語でも楽器でも、プログラミングでも半年も時間を費やすことができればそれだけで特別な存在になれるはずです。

今まで怠惰な生活は十分にしてきたのだから、半年や一年くらい懲役に行ってやるという気概で挑戦してみませんか。

ブログの記事を書きまくっている

ちなみに私はブログの記事を書きまくっています。

毎日1〜3記事を書くことを目標に一日中ブログのことを考えています。
ここでなぜ私がブログを選択したか紹介しましょう。

・資産になる
・文章が好きだった
・教えるのが好きだった
・外に出たくない
・結果が目に見える

以上がブログを選んだ理由になります。

特に大きな理由の一つとして外に出たくないというのがあります。
外に出るのがどうしても苦手なのは一度就職して痛いほど分かりました。

ですので、自分が無理せず続けられるものを選んだというわけです。

夢を見すぎて自分に不得意なものを選択してしまうと途中で挫折してしまう可能性があります。
なるべく続けられそうで、実りのある選択をすることをお勧めします。

 

最後に:精神と時の部屋で修行して最強になろう

ここまでをまとめます。

・24時間使える人間は引きこもりしかいないから最強
・成長した自分を想像するとニヤニヤが止まらない
・無理な目標を立てるのではなく、続けられる目標を立てよう

もしあなたが人生に行き詰まって引きこもっているのであれば、それは神様からの試練になります。

成長して欲しいから、精神と時の部屋に閉じ込められていると考えてみてください。
時間には限りがあります。あっという間に1年、2年と過ぎていってしまいます。

今まで十分に休憩してきたのですから、そろそろ修行を初めてもいいのではないでしょうか?

私もこの人生で何も成果を挙げずに死ぬのだけは勘弁だと思ったので、ブログに人生を捧げようと覚悟を決めました。
この記事を読んでいるあなたも、何か頑張れるものが見つかることを祈っています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です