Steamマーケットでゲーム代を稼ぐ方法【一攫千金もあり】

Steamマーケットでゲーム代を稼ぐ方法 (1)

パソコン専用のPCゲームプラットフォームのSteamを知っていますか?

Steamを利用すれば格安でPCゲームが購入できるだけでなく、ゲーム内アイテムなどを販売してゲームの購入代金を稼いだりすることもできます。

 

こんにちは、PCゲーム歴10年のくにみつです。

中学3年生の時にパソコンを買い与えられてそれからはPCゲームばかりしてきました。
最後に買ったパッケージはPS3のダークソウル2でした。

ずっとPCでゲームしてきたからか、コンシューマー(PS4など)でゲームを買って遊ぶことは資金的にも効率が悪いのではないかと思うんです。
PCゲーム販売プラットフォームのSteamを利用すればかなりお得にゲームが買えるというメリットを今回はお話しします。

コンシューマーの利点もありますが、ほぼPCで事足りているはず

Steamならゲーム内アイテムを売買してお金を稼ぐことができる

Steamの特定のゲームではアイテムが手に入ることがあります。
そしてそのアイテムはマーケットというところで売り出すことができます。

アイテムの中には一つ4万とかするものもあり、一攫千金がゲームをプレイしながら狙えることもあります。
そしてゲーム内アイテムの売買の値段は固定ではなくユーザーが決めますので、”相場”が存在します。

なので売り出されているアイテムと安く仕入れて、高くなった時に販売すればそれだけで利益が取れることもあります。
簡単そうですが、Steamへの手数料で15%取られるので難易度は高いですけど、これだ!っていうアイテムを見つけたら値上がり目的で保有しておくことも一つの作戦です。

そして販売したアイテムはSteam内のウォレットとして使うことができるのでゲームを買うことができます。

Steamは定期的にセールを開いているので定価の半額やそれ以下の値段でゲームを買うことができるため、頭を上手く使えばゲームを買うお金は自分で稼ぐことができます。

 

✔️実際に僕が経験した例を3つご紹介します。

一つのアイテムを当てて約8000円手に入れた話

CSGOでゲーム内のガチャを回したところ、相場8000円のアイテムが出たので即売りに出して利益を確定しました。

現在の価格は3800円ほどですが、

通算のグラフを見ていただくと分かりますが、このアイテムが出た当初は4万円付近からスタートしています。
私は少し落ち着いてきたくらいで手に入れたので8000円で販売しことを記憶していますが、もう少し早ければゲーム2,3本は買える値段になっていましたね。

少額のアイテムをかき集めて売ってお金を稼いだ話

最近の事例で一つお話しできるのがこちらです。

CSGOのゲーム内で手に入るアイテムをコツコツと貯めて販売したというだけなんですけどね、でもこれだけでも150円程のプラスになっています。
無料で手に入るアイテムでもコツコツ貯めていけば数千円にはなっているので地道な作業ですが、確実に節約にはなっています。

最近ですと、この新しいアイテムを3つほど手に入れて販売することで500円ほど稼ぐことが出来ました。

少額ですが、これでゲームの資金にできるのですから喜ばしいことです。

アイテム売買の値上がり益を予測して儲けた話

CSGOのナイフというアイテムを約14,000円で購入して約20,000円で売ることが出来ました。大体3000円程度の利益になりました。

このようにやり方によってはゲーム内でゲーム代金を稼ぐことが可能です。

コンシューマーゲーム機のメリット

PCゲームばかりアゲていると反感を買いそうなので、コンシューマーのメリットもお話ししておきます。
とは言っても今持っている最新のものはPS3なので過去の話しすぎてもしかしたら今とは違うかもしれませんけどね。

プレイ人口が多い

日本人に人気のタイトルであればPC版よりもコンシューマー機の方が人口は多いです。
CODとかBFシリーズは特に顕著でPCだとマッチングするだけで奇跡とすら思える時があります。

なのでマルチプレイがやりたいなどの理由であれば、PC版は人口に悩まされるかもしれません。その点コンシューマーは気にしないでプレイできるので安心できます。

ただ裏を返せば、カジュアルな人間が多いということなのでガチでプレイする人間にはコンシューマーの感覚は合わないかもしれませんね。

僕も昔はCODをPS3で遊んでいましたが、ある程度慣れてきてからマウサーという存在に気がつきました。
コンシューマー機でマウスとキーボードで不正に接続してプレイする人たちのことです。そういう人たちがいることを知り理不尽さを感じたのを覚えています。

それからか無性にマウスとキーボードで公平な戦いがしたいと思うようになり、僕はパソコンを手に入れてからPCゲーム一択になったということです。

 

CODを卒業して、その後にはCSGOというPCでしか発売していない世界でもっともプレイ人口が多いFPSゲームにどハマりすることになったので、結果的に僕はマウスとキーボードが合っていたということですね。

 

なので本気で遊びたい人はカジュアルなコンシューマーは向いていないかもしれない。

やらなくなったゲームを中古で売ることができる

この点に関しては完全にSteamは負けています。
Steamも購入からプレイ時間2時間以内、1週間以内であれば返品できるのですが、その条件を少しでも越えると返品することができなくなります。

10時間ほどのゲームを1日でクリアして、もうやらないなと思っても売ることができないということです。

この辺の自由さはパソコンではできないですね。

まあ逆に考えれば2時間いないのプレイ時間であれば返金はし放題なので、ちょっと興味があるゲームはお試しで2時間以内で遊べるとも考えれますけどね。

それでももう一生遊ばないなーっていうゲームがどんどん溜まっていくので勿体無い気持ちにはなってきます。

そういう意味でコンシューマーはパッケージを売れるのでその点はメリットです。

今の時代コンシューマーとPCの二刀流が賢い

PCとPS4の両方で発売されているタイトルなら明らかにPCの方が安いです。その理由はおそらく販売の手間だったり、仲介手数料などが考慮されているのでしょうが、比べ物にならないくらい安いです。

アマゾンとsteamでスカイリムの値段を比べてみると1000円近く差がありました。しかもsteamだとセールの時には7割引きなどになるので、そのタイミングで購入することを考えれば相当安く購入することができます。

このように同じタイトルがあるときは、マルチプレイを楽しみたいとか友達がPS4だからとかの理由がなければPCの方がお得です。画質も綺麗ですし。

 

しかし一部のゲームではPS4でしか発売されないこともあります。例えば日本産のゲームなどはスチームに出てこないこともあります。人気作品「ブラッドボーン」「デモンズソウル」はソニーの権利がどうのでPC版は発売されていません。

もちろんPCにしかなくてコンシューマーに無いゲームも多々あります。PUBGも最初はPCだけでしか遊ぶことができませんでした、人気になったから他のプラットフォームにも移植することになりましたが、人気が出なければ今でもPCでしか遊ぶことができなかったでしょう。

このような場合のために二刀流で賢くプレイすることが望ましいと思います。

Steamマーケットで小銭を稼ぎ、効率よくゲームを買おう

ある程度慣れてくるとお金の稼ぎ方も分かってくるようになります。
慣れている人は海外の人とトレードをしたりしてお得に楽しんでいる人もいます。

CSGOやPUBGなどが楽しく遊びながら小銭も稼げるのでいいかなと思います。

CSGOなら普通に遊んでいると出てくるアイテムをマーケットで売る。

PUBGなら箱をゲーム内通貨で買ってそれをマーケットで売る。

それだけで新アイテムが出た時など時期も重なれば数千円は余裕で稼ぐこともできるでしょう。

これらのゲームはセール時であれば安く買えるので、簡単に元がとれるはずです。

 

上記以外のタイトルでもトレーディングカードというアイテムがゲームを進めていくと貰えることもあります。
価格は安いですが、新発売のゲームなどはまだ市場に出回っている数が少ないので比較的高い値段で売買されています。

セキロの場合今は値段が落ち着いて約8円ですが、ゲーム発売初期は20円近い値段で取引されていました。

ゲーム発売と同時に最速でクリアしてトレーディンカードを売るという作戦もできますね。

2時間以内なら返品もできるので、その間にゲームを進めれるだけ進めてアイテムを稼ぐという方法もできなくは無いですが、アカウント停止の危険性もあるので故意にやるのはオススメしない。

 

PCでゲームをするという選択肢がなかった人も最近はゲーミングPCも安くなってきたことですし、この機会に選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

画質やfpsなどのグラフィック面ではとても綺麗でヌルヌルなので初めての人はびっくりするはずですよ。

 

steamの場合は海外のマイナーゲームが格安で遊べるので、そういうのに興味があるという人は間違いなくお勧めできます。(糞ゲーだったら2時間以内に返金すればいいですからねw)

プラットフォームのダウンロードだけなら無料なので、とりあえず手持ちのパソコンでどんなゲームがあるのかなーって調べてみると面白いかもしれませんね。

steamダウンロード公式

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。
良いゲームライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です