寝起きの性欲を抑えたい人が知っておくべき解消法3つ【1日を大切にしましょう】

寝起きの性欲って時にすごく高い日がありますよね。

でも自慰行為してしまうと一日の初めから疲れてしまい、なんだか一日が勿体なく感じてしまいます。

なので今回は自慰行為を抑えるために筆者が行っていることを紹介していきます。

1、エロコンテンツは保存しない、検索しない、見ない

まず一つ目は接触回数を少なくするという事です。

どうしてもネットやスマホを見ていると広告などでもいかがわしいものがすぐに目に入ってきます。そんな状況ですと性欲が高い朝などは些細なおかずでも抜いてしまう可能性があります。

なので意識的にそういったコンテンツに接触する可能性を低くしていきましょう。

具体的にはスマホはベッドの近くに置かないとか、パソコンでブックマークに登録しておかないとかが効果的でしょう。

2、風呂に入る

寝起きでシャワーを浴びるとほとんど性欲は収まるかと思います。

お風呂場までたどり着くことができればほぼ勝ちみたいなものです。

3、自慰行為後の気だるさを考える

一日が一時の快楽のせいで台無しになってしまうのです。

一日何もないのであれば好きにすればいいですけど、充実した一日を過ごしたいと思うのであれば、冷静になれるはずです。

まとめ

以上をまとめると

1、エロコンテンツは保存しない、検索しない、見ない
2、風呂に入る
3、もし自慰行為してしまったら一日がどうなるかを考える

です。
する、しないで頭の冴え方が違いますので、なるべく回数は減らしたほうがいいのではないかというのが私の考えなので、勢いで記事にしました。

オナニーするくらいなら、仕事や筋トレを頑張って性行為した方がいいのではないかとも考えるので、なるべく回数は減らして有意義に時間を使っていきましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です