新人が職場で気をつかう必要はない

こんにちは くにみつです。

私は新卒で入社した会社での人間関係に悩み、そもそも新人が気をつかうこと自体がおかしなことではないのかと疑問に思い、自分なりに行動して解決することができました。

少し前にこんなツイートをしました。

割と反応が良かったので、皆さん同じような感情を抱いていたのだと思います。
また、参考までに面白いツイートがあったので紹介します。

とても興味深いですよね、周りの目を気にしすぎておどおどしてる人よりも、自分をしっかり持ってる人の方がいいですよね。
ここを理解すれば自分を殺さないで済みますし、何より仕事が今よりも楽しくなるはずです。

新人が職場で気を使いすぎる必要はない

新入社員として入社した人にありがちですが、先輩や上司に必要以上に媚を売ったり、顔色を伺ったりとしてはいませんか?

結論から述べますと私は 新人はそもそも気をつかう必要がない と考えています。

 

新人は新しい環境に慣れるのに精一杯

年上を敬え、新人が接待するんだという考え方もありますが、そういった考え方はもうすでに古いです。

まず新人は新しい環境に慣れるのに誠意いっぱいです。気を使ったり、様子を見たりするのはその職場で長年働いてきた先輩、上司がやるべきことではないでしょうか。

若手が一人増えただけで他は環境が変わっていない先人の方が心のゆとりもあるのではないですか?

新人は仕事を辞めても他の会社に行けばいい

氷河期時代でもないですし、職種を選ばなければいくらでも転職できるこの時代に昔の考え方は会いません。

つまり仕事はたくさんあるので、そんな時代にうちの会社で働きたいと思ってくれた新人に感謝するのがまずは道理なのではないでしょうか。

新人が早期離職した場合には上司の評価、会社の3年以内離職率に大きく響きます。
その点を意識している先輩方は神なのですが、ギリギリの運営をしている会社では社員は自分のことで精一杯ということになり、新人への対応が適当になってしまいます。

なので、そういう会社は辞めてしまってもいいと思います。

 

新人はむしろ気を遣わせるくらいで丁度いい

結論として再度書きます。

新人はむしろ気を使わせるくらいで丁度いい

良い会社であれば新人を放置したり、態度を冷たくしたりはしないです。評価に関わりますから。
もしそのような態度を取られたのであれば、せっかく入社した会社ではありますが、転職の準備をしてしまってもいいかもしれません。

数年我慢して、自分が先輩になった時にあの時の先輩と同じようになっている可能性は高いです。

立場が変われば主張は変わります。先輩がそうなら、自分も同じようになるはずです。

 

最後に:どっちに転んでも最高の環境になります

私の場合は業務内容が営業で、訪問営業とテレアポを行なっているのですが、辛すぎて先輩や上司に気をつかうということを放棄してから職場の環境は最高になりました。(先輩方からしたら居心地悪くなってるかもしれませんが笑)

営業の辛さは先輩方ももちろん知っていますので、イライラや感情を隠さないようにしてから、新人の私の気持ちを理解して支えてくれるようになりました。

自分の気持ち、辛いという感情を押し隠して仕事をしていたら恐らく続いていなかったでしょう。上司との会話もおかげで増えて、逆に感情を表すようになってから「頑張ってるな」と言われる機会が増えた気がします。

しかし逆に感情を出したり、気を遣わないようになることで無視されたり、教えてもらえなくなったりもするかもしれません。(私の場合は良い方向に転びました)
その時もポジティブに捉えるならば、仕事は自分の判断でやっていいし、何もやることがないなら社内ニートでサボってお金が貰えると考えてしまいましょう。

 

というわけで、もし職場の人間関係などで疲れている人は、案外自分勝手に生きるのもありですよという話でした。今回は以上にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です