【営業】証券マンは休日ちゃんと休める?休日出勤は当たり前って本当?

こんにちは、元証券マンのくらっちと申します。

証券会社に少し興味はあるけど、年間休日ってどれくらいなの?有給って取れるの?休日出勤ってあるの?という学生の方に向けて今回は証券マンの休日についてお話ししていきます。

そんな人間が証券会社の休日について紹介していきます。
証券会社によって大きく変わることはないと思うので、証券目指してる就活生には参考になるはずです。

証券会社は結構休める

結論から述べると、証券会社は休日は平均はあります。
僕の会社では年間休日は120日以上でした。

土日祝は相場が動いていないので、確実に休みです。
なのでゴールデンウィークもシルバーウィークもお休みになります。

しかし、逆に相場が動いている時は出勤しなくてはなりません。
なのでお盆休みもお正月も出勤しなくてはなりません。

もし土日祝休みが魅力的で証券会社を志望しているなら、他の業界で土日祝の年間休日120以上を目指した方がいいですよ。

証券会社の一年生は新規開拓をするのですが、お盆や正月の家族団欒に飛び込んでいくことになるので、休めなくてもいいやなんて思わない方がいいです。

休日出勤があるって本当?

僕が勤めていた証券会社では休日出勤はありました。
イベントやセミナーを土日に開催する場合はもちろん新人は駆り出されることになります。

僕が入社した時は土曜出勤はなくなっていましたが、数年前までは残っていたそうです。

ということは、日本全国にある266社(証券会社数の推移)の証券会社の中には土曜出勤の会社がまだ残っていても不思議ではありません。

ちなみにイベントやセミナーが土日開催の場合はサービス出勤でした。そういう可能性もあることを覚えておいてください!

有給休暇は取れるの?

有給休暇は普通に取れます。
2019年から政府の「働き方改革」により、年間で最低は5日間の有給を取らせる義務ができましたし、取りやすい環境になってきているかなと感じます。

ただ証券会社ですので、月末の売り上げが足りていない時期や繁忙期、といった忙しい時期に休むのは勇気がいるでしょうね。
自分が担当しているお客様の対応を他の営業マンに任せるということになるので、なるべく有給休暇は他の人と合わせないように取るのが暗黙の了解という感じです。

こちらに関しては証券会社に限らず、どの会社でも同じかと思います。
働き方については金融関係は国からの監視も厳しいので土日祝休み、有給については心配しなくても大丈夫です。

年間休日の平均は?証券会社は多いの?

証券会社の年間休日数が他の業種と比べてどれ程のものなのか調べてみました。

まず簡単に、年間休日の早見表が以下になります。

52日→週休1日制、日休み
67日→週休1日制、日祝休み
78日→週休2日制、日、土隔週休み
93日→週休2日制、日、土隔週休み、祝休み
104日→完全週休2日制、土日休み
119日→完全週休2日制、土日祝休み

引用元:就職難だよ既卒くん

隔週休みや、週休一日などに比べたら全然環境は良いですね。

次に厚生労働省の年間休日数のデータを見てみましょう。

平成29年の年間休日総数の1企業平均は107.9日、労働者一人平均は113.7日となっている。
1企業平均年間休日総数を企業規模別にみると、「1,000人以上」が114.9日、「300〜999人」が112.5日、「100〜299人」が110.3日、「30〜99人」が106.4日となっている。産業別にみると、「情報通信業」及び「学術研究、専門・技術サービス業」が118.8日で最も長く、「宿泊業、飲食サービス業」が97.1日と最も短くなっている。

引用元:平成30年就労条件総合調査 結果の概況(厚生労働省)

金融業、保険業も低くないですけど、情報や教育分野には負けていますね。
面白いデータなので是非引用元を覗いてみてください。

まとめ

最後にまとめます。

・年間休日120日以上
・有給は最低でも5日は取れる、最近は取りやすい雰囲気
・休日出勤は僕の会社ではあった、会社によりけり年間休日は平均以上はある、だが会社によっては休日出勤もあり

別業界と比べてみると、情報通信業や学術研究、専門・技術サービス業に休日数は負けています。

年間休日だけをみるなら厚生労働省のデータを元に、1000人以上を雇用してて且つ情報通信業や学術研究、専門・技術サービス業に入社するのが最適かもしれません。

職業選びでは休日数だけでなく自分のやりたいことや、お給料など比較するものが多すぎるので、絶対にこうした方がいいというものはありません。

しかし、今回のように確かな情報源で情報を集めて就職活動をすることはとても重要です。

皆さんの就職活動が成功に終わることを祈っています。
ここまで読んでいただきありがとうございました。


無料メルマガコミュニティもやってます。

ニートや不登校、仕事を辞めたい人などのための無料メルマガコミュニティを作りました。
僕含めて交友関係の薄い人が、間接的でも誰かと繋がれる場になりますので、お気軽にご参加ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です