音楽に挑戦できなかった中学時代の自分が、高校から吹奏楽に挑戦できた理由と後悔

たまには物語カテゴリーも書こうかということで、自分の昔話も含めてマインドについて考えていきます。

時を味方にするのは強すぎるという学びの話です。

小学校時代から音楽に興味はあった

家でピアノを弾いてみたり、鍵盤ハーモニカで様々なメロディーを鳴らして遊んでいた記憶があります。

また金管バンドというものが小学4年生から存在していることは知っていました。男の子たちが外でサッカーや野球をしているときに、音楽室から金管の音が響いていたのを羨ましく感じたのを覚えています。

中学時代、周りに流されて運動部へ

吹奏楽部の存在は知っていました、しかし男が入るものではないと考えていたし、実際男子の部員はいなかったはずです。
その時点で当時の私は入部するという選択肢すら湧いてこなかったのです。

そして入部したのがハンドボール部です。
全く興味もなかったし、ルールすら知らない、やったこともないけど、友達が入るからという理由だけで入部してしまいました。

部活動激励会や学園祭などでは吹奏楽部の演奏を見る機会もあり、そのたびにいいなあ、面白そうだなと羨まく感じ、音楽への興味はどんどん増していくことになります。

高校では何とか吹奏楽部に入ることができました

かなり運がよかったと思い返しても感じます。
まず同じクラスになったT君を部活見学に誘うことができたこと、吹奏楽部の先輩であるYさんに強引なまでに誘われたこと。
そして男子部員が思ったよりも多かったこと…w

これらの条件が一つでも欠けていたら、水泳部に入るところでした。(水部と吹部で似てますね、直前までどっちに入るか迷ってました)

もっと早く音楽に出会っていれば…

高校から吹奏楽を始めた私ですが、入部してすぐに後悔することになります。

私の高校では近くに吹奏楽で有名な中学校がありました。そこからの生徒が数人入部してくるのですが、まあうまいですよね。
素人と全国経験者が同じ部活で練習していたらどうしたって劣等感を感じてしまいます。

もっと早くから始めていれば良かった…

これが後悔です。
同じレベルでなくても、少なくとも食らいつけるくらいの実力が欲しかった。興味もないハンドボール部に入った過去の自分を恨みましたね。

それでも、やっとできる音楽が楽しくて今でも続けていますから結果オーライなのかもしれません。中学から始めていたら続けられなかったかもしれませんからね、塞翁が馬的なやつですよきっと。

 

継続は力なり

私はその後大学へ進学し、ジャズに興味を持ち、そこでも若い才能に驚くばかりです。

継続は力なりとはよく言ったものです。
でもこれってもし3歳から何かに取り組んだ人がいたら、その人の経験年数には何があっても追いつくことはできないですよね。(同じ練習量、モチベで考えたらですが…)

具体例として投資の世界でウォーレンバフェットが「私は小さな雪玉をずいぶん前から転がし始めた、もしそれがなければ今の私はいないだろう」と語っています。

これは言い換えれば、先に雪玉を転がし始めた人間にはあとから転がし始めても追い付かないよってことになりますよね。

 

駄々をこねてもどうしようもないことですので、未来へ目を向けて考えてみましょう。
例えばこのブログであれば毎日更新を10年続けたらどうなるか?
答えは3650記事になります。一日2記事更新だったら7300記事になります。

続けられれば、ですけどね。
今この時から、何を積み上げていくかを考えてみると面白いかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です