【DBD】破滅(ルイン)がすぐに壊されるなら堕落の介入で良くないか?【2019.9.25】

DBDのキラーをやっている時にいつも破滅がすぐに壊されてしまう
もう破滅をつけるのやめておこうか悩んでいる。

それが僕です。

こんにちは、くにみつと申します。

僕はDBDでキラーでよく遊ぶんですけど、明らかに最近は破滅の壊されるスピードが早すぎる。

ツイッターからですが、こんなのばっかで嫌になってしまいますよね。

そこで、この記事ではルインの役割を再確認して、その代替パークとしてプレイグの堕落の介入を紹介しています。

破滅は即破壊されたとしても恩恵は十分にある

そもそもですが、たとえ30秒で破壊されても破滅には効果があるので紹介しておきます。

 

序盤の30秒、1分という短い時間でもその間に1吊りまで持っていくことができれば破滅の仕事としては十分と言えます。

1吊りができるとその人を救助するために一人もしくは二人が発電機から離れることになります。

その結果遅延に繋がるので、流れをキラー側に持っていくことができるのが破滅の仕事と言えるでしょう。

 

この場合で一番の最悪ケースは一人も見つけられずに破滅だけ破壊されるというケース。

もうこれは絶望的ですね。「あー、持ってこなければよかった。」

 

このケースが印象に残りすぎて破滅はすぐ壊されるというプラシーボ効果があるのかもしれないですね。

序盤にいかに一人目を吊れるかが勝負になってくる

いつかはルインだって破壊されることになります。

その間でキラーがやるべきことは、何があっても1吊りだけはしておくことです。

 

そのためには囁きなど索敵パークを利用してとにかく素早く吊るようにしましょう。

となると、結果的にナースビリー凛などになってしまいますよね。

 

徒歩キラーだと板グルツアーに付き合っている間にルイン破壊、発電機2つとかついてしまいますからね。

徒歩キラーだとどうしてもルインの生存時間で勝ち負けが決まってしまうところがあるので運ゲーと言わざる終えないかもしれません。

序盤の30秒間さえ稼ぐことが最低目標

ルインの最低目標は一人目を吊り、流れをキラーに持っていくことでしたよね。

つまりそれさえできればルインは必須ではないということになります。

 

考えられる対策としてはプレイグの堕落の介入が一番現実的ですね。

堕落の介入(Corrupt Intervention)
マッチ開始時に、殺人鬼から一番離れた位置の3つの発電機が(80/100/120秒間)封鎖される。
その間、生存者は封鎖された発電機の修理ができない。

 

序盤の1吊りまでの時間をこの堕落の介入で稼ぎ、その後はイタチ、死恐怖症などで遅延をしていくのはどうでしょうか。

ルインのように速攻壊されてしまうことはないので、運に頼らない試合をすることができます。

 

もちろん、ルインが最後まで残っていた時に比べると遅延効果は悪いですが、それは夢を見過ぎです。

毎試合ルインが心配でルイン頼みのゲームをしている人は、別の遅延対策を指定みてはいかがでしょうか。

最後に:堕落の介入とイタチの組み合わせ

イタチはすでにレギュラー入りしている優秀なパークですが、それに堕落の介入を混ぜるといい感じです。

個人的には堕落のおかげで「どこの発電機を固めようかな、点けられたくないな」ということを考えるようになったので、

今まで脳死でルインだった人は試してみてください。結構頭使って楽しくなりますよ。

 

このゲームの難しいところは遅延だけではなく、吊り速度も重要になってくるという点です。

パーク4つとも遅延にすると吊るのに時間がかかって逆に回しやすい環境になってしまいますし、その逆も然りです。

 

使用するキラーによってあーだこーだと考えるのが楽しいゲームでもあると思うので、

一つの参考として役に立ったら嬉しく思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です