仕事を辞めたいと言い出せない人が考えるべき5つのこと【退職】

こんにちは、くらっちです。

ぼくは新卒で入社した会社を早々に退職いたしました。
生活のこと、キャリアのことを考えると苦渋の決断でした。しかし、もっとも長かったのは辞めると決断することよりも、上司に伝える時期を探っていた時間です。

気持ちが痛いほど分かります。なかなか上司には言えないですよね。

そこで今回は以下で解説する5つの条件が当てはまったらGO!という判断基準を紹介します。

こんな人に読んで欲しい・勇気が出なくて退職を伝えられない人
・辞めたいけど辞める気力もない人
・迷惑がかかるから辞められないという人
・仕事が辛くて死にたいと考えている人

仕事を辞めたいと言い出せない人が考えるべき5つのこと

結論として考えるべきことは以下の5つです。

⑴退職を切り出すタイミング
⑵退職理由に気をつけて
⑶迷惑をかけるのは仕方がない
⑷転職先、やりたい事を決める
⑸優先すべきは気まずさよりも心身の健康

退職を切り出すタイミング

退職を切り出す際にはなるべく繁忙期や月末、週明けなどは避けましょう。
仕事で忙しい時に余計な用事を増やされたら自分でも嫌ですよね。それは上司も同じことです。

言うべきタイミングとしては退職1時間前ぐらいが個人的にオススメです。
心理学的には金曜日のお昼過ぎが最強ですけど、そこまで拘らなくてもいいかと思います。

自分の職場環境を考慮してベストな時間と日付をあらかじめ決めておくと、「今日を逃したら次に話せるのは一週間後になってしまう」など踏ん切りをつけやすくなるでしょう。

ぼくは一週間でも早く辞めたかったので、今日を逃したらこの苦しみが続くことになると自分を奮い立たせて木曜日の夕方に伝えました。

退職理由

退職理由でもしも「上司が嫌だ」「人間関係が良くない」などであれば退職ではなく部署変更などであなたを引き止めに来る可能性は高いです。
もし理由が上記でしたら、素直に部署移動したいと伝えましょう。そうでない場合は別の理由を伝えるべきです。

退職したい時には絶対に会社の悪口を言ってはいけません
辞めると言えない人間が上司に「お前のせいだ!」とか「会社がクソだから!」なんて言えるはずもないと思いますが、穏便に済ませましょう。

理由は必ず真実を伝えないといけないという決まりはないので、嘘でもいいのですが、個人的に嘘をつくのは気持ちが悪いので真実の方がいいのかなと思います。

迷惑をかけるのは仕方がない

今まで仕事を回していた人間が居なくなるのですから、迷惑がかかるのは仕方がないことです。
それを理由に会社に居続けるというのは、「自分の存在価値はここにしかないから、仕方なく会社のためにやってるんだ」というナルシスト思考があるのかなって思いますよ。

労働基準法でも退職まで2週間の期間がかかりますし、会社によっては1ヶ月前から連絡しろと決まりがありますよ。
その決まりは人が辞めた時に困らないように引き継ぎをするためだったり、新たな人材を募集したりする期間でもありますよね?
なので一社員のあなたが会社のことを深刻に考えすぎる必要はないのです。

転職先、やりたい事を決める

会社を辞めてから何をやるのかを明確に決めてしまいましょう。
転職先であれば、内定を貰った段階で辞めると伝えてしまいましょう、次も決まっているし、辞めないと新しい職場にも印象が悪くなってしまいます。
入社日が決まっていれば「〇月〇日に転職しますので今月辞めます」と伝えやすいですよね。

やりたい事の場合も期日が決められるものは決めてしまいましょう。

世界旅行に行きたいなら1ヶ月後のチケットを取ってしまう。
国内旅行でも温泉を予約してしまう。
実家に帰るなら転居の日付を決めてしまう。

背水の陣作戦になりますが、言えずにズルズルと過ごしたくない人は試してみてはいかがでしょうか。

 何より優先すべきは気まずさよりも心身の健康

一番大切な事なので最後に持ってきました。
仕事が原因で鬱になったり、自殺してしまうことが一番の問題です。

グーグルで「死にたい」と検索したり、ツイッターで「死にたい」なんて検索してたら1日も早く辞めるべきです。

「いやだって、家族が、親が、彼女が、世間体が、タイミングが、将来が、、、」なんて考えてると気が付かないうちに心身はボロボロになってしまいますよ。

どうせ辞めるなら早くてもいいでしょ、辞めたいと心が叫んでるんだから少しは耳を傾けたほうがいいですよ。

自分は幸いにも彼女に相談をして、「自殺するとか言うならもう仕事辞めて」とお叱りを受けて冷静になることができました。恐らく当時は精神が落ち込みすぎて冷静に考えるということができてると思っててもできていなかったんでしょうね。

誰もがぼくみたいに大切な人に相談できる状況だとは限らないはず、だからこそこうやって、ブログの記事ででも誰かに伝えたかった。

仕事のための人生じゃないですよ、家族のためだけの人生でもないですよ、あなたの人生をどうか生きてください。

関連記事:人生の短さを知り、ぼくは仕事を辞めた【決意】

最後に:まとめ

最後に再度まとめます。

⑴退職を切り出すタイミング
⑵退職理由に気をつけて
⑶迷惑をかけるのは仕方がない
⑷転職先、やりたい事を決める
⑸優先すべきは気まずさよりも心身の健康

 

この記事が少しでもあなたの役に立ったならとても嬉しいです。
ここまで読んでいただきありがとうございました。


無料メルマガコミュニティもやってます。

ニートや不登校、仕事を辞めたい人などのための無料メルマガコミュニティを作りました。
僕含めて交友関係の薄い人が、間接的でも誰かと繋がれる場になりますので、お気軽にご参加ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です