嫌な仕事を辞めることも挑戦と言える

世間一般では仕事は辛くても3年は続けよう

なんて言われていますがそれは本当に正しいのでしょうか?

職場によって答えは変わってきてしまいますが、3年で将来の自分のための下積み、修行になるような仕事場であれば3年続けることが一番かもしれません。

しかし、3年間ブラック企業で雑務をこなす、飲食店で皿洗いを続けるなどなんのスキルも得られない、そういう職場の場合は逃げないことが悪になるのではないでしょうか。

仕事を辞める=逃げる

そんなイメージがそもそもあるのがおかしいわけで、辞めるというのは同時に新世界へ挑戦することとも捉えることができます。

これで考えてみるとブラック企業や嫌な仕事、つまらない仕事をいやいや3年ただ続けるだけというのは新世界への挑戦をせずに現状に甘んじて、逃げているのではないでしょうか?

 

仕事を辞める=逃げる

という考えは残っている人、夢を諦めた人、現状で満足するしか無い人間が言っているだけではないでしょうか?

世界は広いのに、ただ一つの会社でしか仕事を経験したことがない人が「辞めるなんてもったいない」なんて言っていても説得力ないですよね。

辞めるというのは大きな決断です。その決断を自分で下し、行動して、挑戦するというのは安定の中で高みの見物をしている人たちには理解できないレベルなので自信を持ちましょう。

人生を決めるのは自分自身です。


無料メルマガコミュニティもやってます。

ニートや不登校、仕事を辞めたい人などのための無料メルマガコミュニティを作りました。
僕含めて交友関係の薄い人が、間接的でも誰かと繋がれる場になりますので、お気軽にご参加ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です