プロフィール

はじめまして、くらっち(@kuratti_)です。

証券会社を退職して現在はニートです。

ここでは、くらっちの簡単なプロフィールとブログを始めたきっかけなどをご紹介していこうと思います。

小学校:クラスのリーダーで陽キャ人生を楽しむ

小学校の頃はよかったんですよね

友達も多かったですし、女子とスケートとか遊園地とかそういったところにも遊びに行くような人間でした。

 

しかし小学5年生になったときに友人から「面白いゲームがある」

その一言がきっかけでオンラインゲームにハマり、アニメにハマることになりました。

 

それまではリア充小学生生活を送っていたのに、なぜかインドアな感じにどんどんなっていき、気が付けば友達は片手で数えられるくらいに激減。

むしろオンラインでのフレンドのほうが多いという結果になるのに時間はかかりませんでした。

 

「あいつはオタクだ」

 

そんなイメージを小学6年生の頃には持たれたまま卒業し、中学へ進学します。

 

中学生:オンラインゲームにドはまり、勉強はわけわかめ

小学校5年生から始めたオンラインゲームを中学校になっても続けていました。

誘ってくれた友人ももうすでにINすることがなくなったのにそれでも一人でプレイしていました。

 

理由は簡単で、ネットでのフレンドが多くいたからですね。

友人たちは中学で新しい交友関係を作り、楽しく青春を送っていたのにくらっちはネットの世界を選んだという訳です。

 

深夜の3時頃まで起きてゲームをする生活が増えていくにつれて学校にも支障が出てきます。

当たり前ですが、授業中は寝まくってましたし、勉強にもついていくことはできませんでした。

 

今思い返すと、授業中に寝るなんて当たり前なことを中学生だった僕は「恥ずかしいこと」と感じていた気がします。

周りもまだまじめな子どもばかりだったのも影響しているかもしれません、中1で居眠りする子なんて存在していませんからね普通。

 

次第に学校を休むようになり、ついに中学2年生で不登校になってしまいます。

当時はMGO2というゲームが大好きで、深夜3時まで公式戦があったので必然的にその時間までは起きることになってしまいます。

当たり前ですが学校との両立は厳しいです。

 

普通ならゲームは諦めて中学に行くことを選択するのですが、私はゲームを選びました。

選んだというか、勉強がまったく分からなくて友達もいない中学よりもネットゲームのほうが面白いと考えたわけです。

 

結果的に不登校は1年間続き、中学3年生で学校には復帰することになります。

おかげで何とか普通科の高校に進学することができて、「人生は効率よく生きるものなんだぜw」てきなことを考えていました。

 

高校生:ゲームのやりすぎで禿げ始める。

高校生になってもゲームを辞めることはできませんでした。というか考えてすらいませんでした。

もうすでに生活の一部になっていましたし、ゲームを毎日するのが当たり前の生活でした。

 

そんな生活を続けていくと、ある日の後輩から「先輩禿げてる?」と言われます。

それから多くの先輩、後輩、さらに部活の副顧問にまで「お前禿げるよ」と言われる始末です。

 

あ、ちなみに現在も禿げかかってます。
致命傷は負ってないですけど、ハゲ予備軍として生きています。

 

なぜ禿げてきたのかを考えると、原因として考えられるのはゲームしかないなと思うのです。

・眼精疲労
・肩こり
・昼夜逆転
・対戦ゲームゆえの負けず嫌い、短気

これらがゲームをやることによるデメリットの一部なのですが、どれも毛根にはいいとは言えませんよね。

特に昼夜逆転なんてハゲに向かっていると言っても過言ではないでしょう。

 

という訳で、高校2年生くらいから「禿げてるなぁ、外出たくないなぁ」という気持ちがむくむくと高まってきました。

 

大学生:ゲーム三昧、ハゲは進行、引きこもり

 

大学では下宿を始めて、晴れて一人暮らしです。

大学生活を思い返すとゲームをしていた記憶しか残っていません。

 

小学5年生から始めたゲームにここまでハマる理由はただ一つで

他に得意なものが無かったから。

 

ただそれだけです。

 

運動も勉強だったり他に何か優れていることもないですし、得意なことに没頭するのは当たり前のことですよね?

 

ということで、大学生活のほとんどをゲームしかしていなかったです。

 

思い返すともっと青春しておけばよかったなあと後悔しかありませんが、もう戻れません。

 

家に引きこもってゲームばかりして、当たり前のように昼夜逆転しているのでハゲも進行するじゃないですか

そうすると悪循環でハゲだから外出したくなくなるので、また家でゲームをすることになるんです。

 

本当になんのために生きているのか分かりませんね。

そして就活の時期が来て焦るわけですよ。

 

「外で働きたくない」

 

だってハゲだし、昼夜逆転してるし、もう普通のサラリーマンは向いてないだろうと

 

なのに、なのにですよ?

就活中に何となく受けた証券会社に内定をもらってしまったので、結局そこにしてしまったんです。

 

勢いと、もう就活をしたくないという諦めによる決断ですね。

 

「なんかゲームも飽きてきたしなんとかなるだろう」

くらいの気持ちで就活を終えてしまいました。

 

吐き気、胸が苦しい社会人

仕事が始まります。

 

今までの経歴を見たら分かりますが、ずーっと家に引きこもっていた人間が営業なんてやっぱできないですよ。

そもそも人とお話しすらまともにしてこなかったのに、できるはずがない。

 

結果そうそうに生きていくのが苦しくなり、もう死んでしまおうかと考えるくらいにメンタルは潰されました。

証券会社ですから、当たり前にノルマも決まっていますし厳しい環境なのはご想像通りです。

 

今まで嫌なこと、辛いことから逃げてきた人間にはあまりにもプレッシャーが大きすぎた。

 

しかも、僕は学生時代にマーケティングをかじっていたので、証券会社のビジネスモデルがどうしても向いていなかったのもあります。

 

入社するときは「貯蓄から投資へ」なんて考えもありましたが、

そんな世界はどこにもなかったです。

 

他社で取引している人の奪い合い、

ジジババに曖昧な話をしてお願い営業のオンパレード、

 

しかも金融商品を買うなら今の時代ネットのほうが確実に安いですからね。

100倍近く手数料の差があるので、はっきり言って情弱ビジネスですよあれは。

 

「ネットが使えない、昔からの担当が大好き」

そういう人にはメリットもあるのですべてが糞とは言いませんが、99%は糞だったと思います。

 

退職を決意してから鬼勉強した

そんな職場だったので退職を決意したのはかなり早かったです。

そして、退職を考えてからは何とかして生活の基盤を作らなくてはいけないと焦りました。

 

ようは「金を稼ぐ」ということです。

 

不幸中の幸いですが、証券会社で営業として教育されたのでいろんな会社のビジネスモデルやマーケティングについての知識があったので、

それを応用してネットでビジネスしてやろうと考えました。

 

自分の足で営業していくよりも、ネットで人集めてビジネスしたら自分ひとりでもできそうだなと思ったからです。

 

そのために退職を考え始めてからは外回りの時はずっと喫茶店に籠ってMacbookで作業をしまくってました。

時には「今日は遠くの見込み客に訪問するので夕方帰ります!」と言って一日中作業していました。

通勤時間も往復で3時間あったんですけど、全部勉強してました。

 

そんなこんなでビジネスの土台を作って退職をしました。

 

もう最後は精神的にも追い込まれていましたね。

仕事は何もやっていなかったので報告もなんもないですし、嘘しかついていなかったですw

 

架空の見込み客を作成して上司に報告をしてました。

多分見抜かれていたけど許されていたんでしょうね。

 

そして今はニート?をしています。

生活費は貯金もありますし、ビジネスの収入もあります。
ポジティブに考えれば証券での学びは役に立ってますね。

もうあんな仕事はしたくない

というモチベにもつながりますからねw

 

そんな人間がニートのブログ作ってみるかと始めたのがこのサイトです。

雑記ブログですが、基本はニートとか引きこもりに向けて記事書いていきます。

 

メルマガもやってるのでもしよかったら登録してください。
証券時代の学びと、マーケティングを駆使して自分が何やってるか語ってます。

無料メルマガ:http://s1mple.net/mlp/


無料メルマガコミュニティもやってます。

ニートや不登校、仕事を辞めたい人などのための無料メルマガコミュニティを作りました。
僕含めて交友関係の薄い人が、間接的でも誰かと繋がれる場になりますので、お気軽にご参加ください。