花粉症が死ぬほど辛いので花粉いついて調べてみた!【検査結果あり】

花粉が死ぬほどつらいです。
もうつらすぎてイライラしてしょうがないのでいろいろ調べた情報をまとめます。参考になり、花粉症の方のお役に立てたら花粉のように舞い上がり喜びます。
花粉症じゃない人はこんな世界もあるのか、来年は自分ももしかしたら…と震えてください。

花粉が死ぬほどつらい

アレルギー検査報告書

まず私のアレルギー検査報告書を見てください。

スギとヒノキが数値が高いですね。他の人と比べたことがないのでわからないのですが、私の花粉症偏差値はいかほどなのでしょうか?

数値は低いですけど、カモガヤ、ブタクサ、アキノキリンソウ、などなど満遍なく陽性です。

ヤケヒョウダニというダニのアレルギーも検出されています(笑)
年中喉がかゆいのはダニの影響があるのかもしれません。

このように私はファッション花粉症ではないということを知ってもらったうえで以下の記事を読んでいただくと共感しやすい内容になってるかと思います。

花粉の増加量

まず初めに、ツイッター情報ですけどこんなのを見ました。

花粉の量

2012年の花粉 : 昨年の3倍
2013年の花粉 : 昨年の3倍
2014年の花粉 : 昨年の3倍
2015年の花粉 : 昨年の1.5倍
2016年の花粉 : 昨年の4倍
2017年の花粉 : 昨年の6倍
2018年の花粉 : 昨年の3倍

つまり2011年の花粉に比べて2916倍の花粉が舞っている計算になりますね。これはとんでもない事ですよ。

引用元>>https://togetter.com/li/1213526

え?はあ?って感じですよ。
何が起きてるんですかこれ。ふざけてるんですか?

当たり前ですけど、外出減りますし個人消費は落ち込みますよね。

ちなみに2019年の花粉の量は2018年の3倍近くになる可能性があるそうです。

不幸中の幸いなのは、花粉症の症状は3倍になってないところですかね。もしくしゃみの数、鼻水の量、目のかゆみが2916倍になってしまったら本当に死にますからね。

 

花粉は戦後から、花粉量1%以下の新種は開発済み

また日経新聞2月11日の記事でも花粉症について面白いことが書かれていました。
電子版ではないのでコピペ引用できないので、要約します。

・スギ花粉は高度成長期に一気に整備された人工林が大きな原因
・林野庁は花粉が少ない新種に乗り換えたいが、国産木材の利用が少ないから新種へ植え替えできない
・新種「花粉症対策スギ」の花粉の量は従来のスギの1%以下
・輸入木材のほうが安い

つまり、花粉の少ない新種の開発は済んでるけど国産木材の消費は少ないし、植え替えはできてないよーってことかな?

また、スギは樹齢20年~30年で花粉を放出し始めるそうです。
若いスギがスクスク育ち、樹齢の長いスギは消費されない。
そんな状況だから毎年スギ花粉量が新記録を達成し続けるということですよね?

戦後で木材の消費も当時は多かったかもしれない、でもちょっと植え過ぎではないですかね?

新種の苗木を作る速度も間に合わない、植え替えもできないし、するスペースもない。

花粉症対策での効果的な治療薬でもあればいいが、スギ花粉が問題視されてから日が浅いのもあり研究もこれからというところ。

結局、花粉症の人は我慢するしかないのですかねえ…

(参考:日経新聞2月11日3面)

花粉症で儲かる企業があるのでは?

花粉症患者が増えることにより儲かりそうな企業がありますよね?

私も市販薬を買ったり、耳鼻咽喉科に通ったりしていますので年間でかなりのお金を落としていますよ!?

これはもしかして裏で花粉症患者を増やそうとしている組織があるのではないか?と考えてしまいますよね。

「政府は2015年度から無花粉・少花粉のスギを奨励し、植え替え事業に補助金を出す方針を打ち出しています。動きが遅いという指摘こそあれ、陰謀とは無関係でしょう。圧力があるとすれば花粉症薬やマスクのメーカーからですが、製薬会社にとって花粉症薬は売り上げのごく一部でしかなく、マスクも程度が知れている。そのくらいで自治体に圧力をかけるのかは疑問ですね」(製薬メーカー関係者)
引用元>>http://news.livedoor.com/article/detail/10025217/

この記事によれば花粉症薬などの売り上げはごく一部でうまみが少ないということが書かれています。

うーん、確かに言われてみるとそんな気もするような…

花粉による消費の落ち込みの方が国として改善したいだろうし、陰謀論なんてのは考えすぎですかね。

一刻も早く対策して欲しいです。

花粉が少ない県

花粉に悩まされるのはもう嫌だと、今年は特に感じました。
副業に手を出したりと、金銭的に上を目指している最中だからか私の夢がまた一つ生まれました。

沖縄県か北海道で暮らしたい

上記の二つの県は花粉がほとんどありません。
仕事を辞めて、将来は地方に移住する。そんな夢を持っても良いのではないでしょうか。

現在はインターネットのおかげでどこにいても様々な人とコミュニケーションを取れるようになりました。

このおかげでどこで暮らすかというのは、将来的に重要ではなくなるかもしれません。
仕事で本人が出向かなくてもネットで済むなら、沖縄だろうが北海道だろうがどこに住んでいても関係ないですからね。

花粉が何千倍にも増え続ける中で、一刻も早くこんな花粉まみれの地域を脱出したいです。

花粉が根絶しますように…

とにかく花粉がつらい!
もう死ぬほどつらいです!私は外回りが多いのでこの季節は死にます。まじで死にます。でもなぜか人と会話してるときは意識が紛れるのか症状が軽くなる気がします。
花粉と意識の問題について研究してる人とかいないですか!!!?

 

アレジオンというアレルギー性鼻炎薬を試した。

03/17/2019追記

花粉対策に耳鼻科で貰ったフェキソフェナジン錠とムコサールの効果があまり感じられないので、一度市販薬も試してみようと、エスエス製薬のアレジオンという薬を試してみました。

一日寝る前に一錠飲むだけということで、簡単。
飲んで次の日からは鼻水など諸症状が緩和したのを実感して、とても満足でした。
しかし3日目にして頭痛の副作用?が出てくるようになりました。このアレジオンのせいなのか分かりませんが、頭が痛く、ぼーっとしてしまい、鼻水やくしゃみは少なくなったけど、これでは本末転倒だなーという感じです。

しばらく様子見して服用するか判断します。

花粉再来、夏なのに喉が痒くてマスクしてます。(2019.08.23追記)

花粉症で悩んでいるみなさん、こんにちは!
夏になり、花粉のことなんて忘れて生活しているかと思います。ただ僕は喉が痒くて痒くて仕方がありません。

「もしかして花粉?」

と心配になったので、今年の春に行った血液検査の結果を再度確認してみました。

自分でも惚れ惚れするほどの陽性の数で何度見てもすげえなってなってます!

そして喉が痒い原因となっているとは恐らく ブタクサ が原因ではないかなと推測しています。

ブタクサ

ブタクサはちょうど8月〜10月までが飛散時期ということなので、恐らくブタクサが原因で僕の喉が痒くなっているのだと思います。

ブタクサ花粉症も春の花粉症と同じく、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりが主な症状です。そのほかに目・鼻・のどのかゆみなどがありますが、鼻や目の症状より、喉や肌に出やすいとも言われます。

マスクやメガネをする、手洗い、うがい、洗顔などの基本的な対策はスギやヒノキの花粉症と同じですが、スギやヒノキと違い、ブタクサなどキク科やイネ科の草花は背が低いため、花粉が遠くに飛ぶことはないので、ブタクサが生えているところに近付かないことが一番の対策です。発症してしまったら早めに医療機関で受診しましょう。
温暖化によりブタクサ花粉の濃度が濃くなったり、飛散シーズンが長くなるという懸念もあり、世界規模で花粉症問題が深刻化しています。

引用元>>花粉症を引き起こす植物の種類

 

ブタクサの症状で喉のかゆみがあるということはほぼ間違い無いですね。
僕の喉のかゆみはブタクサの花粉が原因でしょう。対策として近づかない、と書いてありますがそうはいってもどれがブタクサなのか分からないので対策のしようが無いですね、、、。

10月まで耐えるか、外出を極力しないか、対策しないと本当に死ぬほど辛いのでなんとかして生き延びてみせます。

それにしてもレベルは低いとしても一年中花粉の症状があるなんて日本に住むのは本格的にやめた方がいいですね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

無料メルマガコミュニティもやってます。

ニートや不登校、仕事を辞めたい人などのための無料メルマガコミュニティを作りました。
僕含めて交友関係の薄い人が、間接的でも誰かと繋がれる場になりますので、お気軽にご参加ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です