パイロットのボールペン「ピュアホワイトDr.Grip」の分解方法【意外と難しい】

「ピュアホワイトDr.Grip」の分解方法

パイロットのボールペンの「ドクターグリップ」と言うものを愛用していたのですが、この度インクがなくなってしまいました。
インク交換しようと分解してみるとどうにも途中で分からなくなってしまって数十分悩んでしまったので分解方法を記事にして記録しておきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[パイロット]Dr.GripドクターグリップピュアホワイトDr.Grip シャープペンシル
価格:616円(税込、送料別) (2019/11/5時点)

楽天で購入

 

今回の分解をするのはこちらの「ピュアホワイトDr.Grip」になります。

パイロットのドクターグリップ分解方法

今回画像を用意して紹介するのはこのボールペンになります。(机が汚くてごめんなさい)

まずはじめにペン先を回して取り外せるところを取ってしまいます。
ここまでは恐らく感覚的にスムーズにできるはずです。問題は次です。

次に取り掛かるのは真ん中の、前と後ろを繋げている白い部分です。
銀色のところが回ってしまうから、そこを回せばいいのかな?と思いますが、銀色のところではないんですよね。

赤枠の部分を持って手前へぐるぐると回してみてください。
すると簡単に分解することができるはずです。

こんな感じになるはずです。
そしたら後ろの部分はもう必要ないので前の部分を分解していきます。

このように3つに分解ができるはずです。
銀色の部分を芯から取り出すのが結構硬くて大変だったので、芯を机に押し付けるなどして取り外すといいかもしれません。

これでボールペンの芯を交換することができるようになりますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PILOT パイロット 油性ボールペン替芯 0.7mm BRFN-10F 黒・赤・青
価格:88円(税込、送料別) (2019/11/5時点)

楽天で購入

 

パイロットのボールペンの替え芯はこちらです。

最後に:パイロットのドクターグリップは字が上手になった気がする

今まではボールペンなんて使い捨てで、芯の交換をしたいと考えたこともなかったですが、このパイロットのドクターグリップだけは別でした。

このボールペンを使っている時だけはまるで「自分もしかして字がうまいかも?」と錯覚させてくれるような、そんな魔法のボールペンだったからです。

シャープペンシルも愛用していて、かなり満足しています。

価格もお手頃で、こんなに書きやすい素晴らしい製品を作っていただいて感謝してもしきれません。

それでは、今回はパイロットのボールペンの芯交換を紹介しました。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です