やりたいことがあるのに踏ん切りがつかない人は合理的に考えましょう。

頭を使った方が効率がいいことは周知のことと思います。

では頭を使うのが億劫な人はどうしたらいいでしょうか

諦めてしまっていいのでしょうか。良くないですよね。

 

ここで朗報があります。

実は小利口になるよりも「あえて馬鹿になって行動する」ことも時には強みになるのです。

 

人間は少し賢いと失敗した時のリスクや無駄を考えてしまいます。

そうなると行動するためのハードルが上がってしまい、行動するまでのスピードが遅くなってしまいます。

 

言われたことはすぐに行動できる人間は確かに頭は使ってないかもしれませんが、=弱い とはなりません。

 

実際に私の経験談でブログをとりあえず毎日更新することを盲信して行動してみると、確かに成果は数字で出てきたのです。

もしも私が「どうせ続かない」「続いても金にならない」「文章なんて書けない」「続かなかったら初期費用が無駄になってしまう」などを考えてしまったら盲信して行動できていたらと言うと怪しいです。

 

何かを学ぶときも同じで、先生が言っていることに疑問や自分の意見というのは必要ありません。

あなたはその分野では素人なのだから、言われたことをただがむしゃらに行動するだけでも上位20%くらいには入れているはずです。

 

ほとんどの人は行動に起こしません。

 

中谷彰宏

「したい人、10,000人。始める人、100人。続ける人、1人。」

参考:https://passnavi.evidus.com/kimutatsu2016/01/

 

有名な言葉なので聞いたことがある人も多いと思いますが、したい人が1万人いたら始めるのは十分の1しかいないんです。

つまり、行動するだけで上位10%に入ることができるということです。

 

無駄にリスクとか考えるくらいだったら、行動しないリスクを考えた方がよっぽど合理的ですね。

 

再度結論を述べると、「あえて馬鹿になって行動した方が成果が出ることもあるよね」という話でした。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です