頑張ってるけど成果がでない人は努力の基準が低い

新しいことに挑戦するときによくある悩みとして、「頑張ってるのに結果が伴わない!」という点があると思います。

僕はもともと勉強が苦手でして、一日5時間も勉強して自分なりには頑張ったつもりなのに、模試や定期テストではなんとも微妙な点数ばかりでした。

このような経験は誰にでもあるかと思います。今回はそんな「努力しても成果が出ない人」に向けて理由と解決策を開設していこうと思います。

成果を出している人は努力の基準が高い

成功している人というのは、そもそもの努力量が違います。

Aさんが思っている「努力」とBさんが思っている「努力」では同じ言葉を使っていますが、具体的にどこまでが努力なのかを決めるのは自分になります。

この基準が低ければ努力を続けていても成果は出てこないでしょう。
もしかしたらあなたの努力は成功者からしたら当たり前のレベルなのかもしれません、そんな相手と勝負するのであれば基準を変えていかなくてはいけませんよね。

高い基準でも慣れたら楽になる

そんな息を吐くように、凡人の努力を軽く超えていく天才も世の中にいるのですが、では一般人はそこで諦めていいのかと思いますよね。

一度チャレンジして、自分の出来なさ具合に萎えてしまうかもしれませんが、一つ人間には能力があります。

それは 慣れる ということです。

人間というのは慣れる生き物ですので、最初は辛いなと思ったとしても続けていくと徐々に楽になっていきます。

始めたては何をしても疲れるし、自分には才能がないんだと諦めたくなってしまいますが、数日こなしていくと慣れてきます。

今日より確実に明日のほうが楽になる。

と分かっていれば何だか挑戦できそうじゃないですか?

失敗を前提に挑戦する

また、新しいことに挑戦するときは一回目は必ずと言っていいほど挫折するものだと始める前から理解しておきましょう。

挫折していいのか?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、私はまた時間をおいて挑戦するでもいいと思います。

数か月経ってから2回目同じことに挑戦するとなった場合、一回目の失敗の時の経験値がありますから、前回を全く同じ結果になることはないでしょう。

反省を活かして、今回こそは達成してやると頭も使いますし、成功への道のりは近いはずです。

このように、失敗→挑戦→失敗→挑戦 と繰り返すことで、努力の基準が高い人間になれるのではないでしょうか。

初めから基準が高い人間はもしかしたらいないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です