僕は、人の感情を動かせるようなコンテンツを作りたい

僕はすぐに感化されて「やってみようかな」とすぐに思っちゃうし、実際に行動してしまう人間でした。

一時期はそんな自分のことを「飽き性で良くない」なんて考えたりもしましたが、今は考えが変わりました。

 

僕が飽き性なんじゃなくて、世の中のコンテンツの力が凄すぎるのが良くないんだ!と(笑)

 

これだけ影響力のあるコンテンツが溢れている世界なんだもの、やりたいこと、目指したいものがコロコロと変わるのは当たり前のことでむしろ健全じゃないのかな?

昭和の考えだけど、一つの仕事を定年までずっと続けるのってつまらなくない?
学生のアルバイトもそうだけど、4年間同じバイトを続けていましたってアピールポイントになるかもだけど、1年ごとに4つのアルバイトを経験する方が経験値は多いのかなって思うよ!

ちなみに僕は、ガソリンスタンド、ヤマト運輸、新聞配達の経験があるよ!
短期でだとイベントホールのチケットもぎりとかドアマンとかをしたことがあるよ!

つまり何が言いたいかって僕は新しいことに挑戦したくなってしまうということ、仕事もそうだし、趣味でも、音楽でもなんでもそう。(彼女だけは溺愛してます)

昔だったらみんな同じ娯楽だし、本当に国民全員が横一列って感じだったけど、今はそんなことないよね。

テレビは見ない人もいるし、Youtubeだって自分の好きなチャンネルを見るし、小説だって、音楽だって、いくらでも面白いものが転がってる

 

ということは仕事も同じなんじゃないかな?
当たり前のように昭和の感覚を引き継いでいるけど、飽きたら新しい分野に挑戦してもいいし、しなくてもいい。
海外旅行したいならさっさとすればいいし、ずっと家に引きこもってもいい。(ちなみに僕は家にこもりたい)

そして、僕も世の中にある面白いコンテンツと同じように自分もコンテンツを作って発信していきたい!

たとえ見てくれる人が一人だとしても、その人が喜んでくれるコンテンツになるならとても嬉しいと思う。

なんか急に書きたくなっただけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です