うさぎとカメの話、現実では歩き続けないカメが多すぎる

童話で「うさぎとかめ」という話がありますよね?
うさぎとカメが競争をするが、ウサギは眠ってしまいカメに先にゴールされてしまうという話です。
僕はこの話が大好きで今自分はカメなのかうさぎなのかなんて考えたりしていますが、自分を含め、現実には努力を続けられないカメが多すぎるなーと感じたので記事でまとめてみようと思いました。

現実には登場人物は4パターンあるのではないか?

うさぎとかめのように人間が競争をしていると考えてみたら、登場人物は4パターンあるのではないかと考えます。
現実で例えてみた強い順で並べてみます。

  1. 眠らないうさぎ
  2. 頑張り続けるカメ
  3. 眠ってしまううさぎ
  4. 頑張らないカメ

眠らない兎は最強です。

才能も努力も兼ね備えている、凡人では勝てない領域です。
童話では眠ってしまううさぎになってしまったので、努力カメに負けてしまいましたが、うさぎが慢心せずにゴールまで走っていたら勝負にもなりません。

私はよく何でもできるイケメンがこの眠らないうさぎに当てはまるなーと考えます。
イケメンは顔がかっこいいだけでなく、筋トレもして、おしゃれもできて、話も上手で、気が利くしで元の才能+努力でさらにレベルアップしてる人が多いと思うんです。

もともと才能ある人間がさらに努力をやめなかった場合はもう残念ですが勝てねえなってなりますよ。
ドラゴンボールの孫悟空が修行をやらなかったらヤムチャとか天津飯とかでも勝てたかもしれませんが、あいつは眠らないうさぎでしたからね…

自分が一番でも努力を続けられるこのタイプの人は、あえて自分よりもレベルの低いグループに所属するなどすると一位をキープしようと頑張り続けられるかもしれませんね。
学区1の学校で落ちこぼれるよりも、2番手の学校で一位を狙う方が向いている人間もいるみたいなね

頑張り続けるカメ。

努力人間ってやつですよね。
童話では下剋上に成功しています。才能はないかもしれないが、可能性は十分にある人が当てはまると思います。
上に最強の眠らない兎がいるのに頑張り続けられる精神力というのは強いです。実際は自分が一番じゃないと努力を続けられない人が多い中で地道に努力が続けられる人がどれだけいるのでしょうか…

上に目指すべき人がいる方が努力できる人は、あえて自分のレベルよりも高いグループに所属してみるとか、目標を高くしてみるといいかもしれません。

眠ってしまうウサギ。

ここが結構多いんじゃないかと思ってます。自分の才能に気が付けていない人、自分が一番じゃないのに頑張るなんてバカバカしいと考えてしまう人。
何事も最初は周りよりも上手にできるのに、努力を続けないからいつの間にかトップ層から弾かれている。そんな人いますよね、そういう人たちだと思います。

完璧主義の人も才能はあるのに「あーもういいや」となってしまう、眠るうさぎタイプの人が多いんじゃないかなー?

努力したらこの人すごいのに…って勿体ないですよね

頑張らないカメは最弱です。

もう価値もないです。勝負にすらならないクソザコナメクジです。
努力イケメンが最強だとしたら、こいつは何の努力もしないブサイクです。

眠らないうさぎを目指す

実際は才能なんて同じ人間なんだからそこまで違いはないはず。
あえて上では4パターンに分けちゃいましたが、眠らないうさぎ、眠るうさぎの二つで考えた方が分かりやすかったかもしれませんね…

上記でも述べましたが、ねむらないうさぎが最強です。
他がさぼっている間、努力しない、諦めているときに頑張り続けられる人間はやはり最強なのです。

会社、サークルなど何か団体に所属していると今回の話を当てはめるのにかなり適してるので、この人はうさぎだな~かめだな~なんて考えてみると面白いかもしれません。
その時に自分は今カメなのか、うさぎなのか客観視してみるとこれからどう振舞えばいいかが見えてくるはずです。

自分が音楽を続けてこれた理由は自分が一番上手だったから

音楽や勉強が続けてこれたのは自分が一番を維持し続けることができていたからです。
実際、大学や高校では1、2年生などのいわゆる後輩に当たる時期ってのは全然楽しくなかったです。(一番にはなれなかったので)
高学年になり、先輩がいなくなり、それから眠らない兎に覚醒するパターンが自分は多かったです。(ちょっとの努力で一番になれたので)

べつにおれ本気じゃねえし

そう言って勝負すらしないで逃げてきた人生で、勝てるところでは調子に乗る。
そんなしょーもない人間でしたが、最近は自分を客観視することができるようになったので、「あー今これカメだわ」って思うことにより頑張ることができるんですよね。

カッコいいカメになって、カメだと思っていたら実はウサギだった 

そうなりたいな~って思ってます。

 

 

ねむらないうさぎの存在に気が付かせてくれたのはgogo7188の「月と甲羅」という曲です。
歌詞の意味はよく分かりません、でもいろいろ考えさせられます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です