ジャズを聴く人にしか分からないデメリットが二つあります

こんにちは、くらっちです。

ぼくは車を運転している時も、記事を書く時も、散歩している時もいつでもジャズを聴いています。
比較的ジャズを聴いている方だと思うのでジャズ好きを名乗ってもいいのかなと思ってます。

そんなぼくが感じるジャズばかり聴くことのデメリットについて今日は書いていきます。

ジャズ聴きにしか分からないデメリット

結論から述べると、二つあります。

1つ目は カラオケに誘われた時に歌う曲がない
2つ目は 喫茶店などで作業したいときにジャズが流れているとつい聴いてしまう

です。一つづつ解説していきます。

カラオケに誘われた時に歌う曲がない

カラオケに誘われた時に歌えるものが少ないです。
音楽を聴くという時にはジャズしか聴いていないのですから当たり前ですよね。

最近流行りのアーティストとか、曲とか、名前だけは聴くけど一度も聞いたことがないということが多いです。自分の場合は中学生ぐらいからJPOPはあまり聴かなくなっていたので、昔の曲も歌うことができません。

歌うとすればアニソンとかCMの曲とか自然と耳に入ってくる曲に限られてしまいます。
ちなみに、ぼくの十八番は美空ひばりの「川の流れのように」です。

ジャズにはまってしまうと恐ろしいですよ。

喫茶店などで作業したいときにジャズが流れているとつい聴いてしまう

ジャズに詳しい人、経験者とかであれば、喫茶店で流れているのが何の曲かだいたい分かってしまいます。
また、ぼくは演奏もするのでカッコいいソロが流れると「お、今の所盗めそうだ」とか聴き入ってしまうんですよね。

ジャズを聴かない人にとってはただのBGMかも知れませんが、ジャズ聴きにとってジャズはBGMではないんです。

勝手に体もリズムを取りたくなってしまうし、曲は分かるけど曲名が出てこないとなると作業を中断して思い出すために考え込んでしまいます。
そして後テーマで思い出すと、「ああ!この曲だったか、懐かしい!」となることもしょっちゅうあります。

最後に:デメリットと思うかは人それぞれ

今回は少し煽るような形で記事を書きましたが、人によって、場合によってはメリットにもなることだと思います。

喫茶店やスーパーで流れている曲をほとんどの人がBGMとして聞いている中で、自分だけ分かっているという優越感はメリットかも知れません。

カラオケで歌えないというのは結構なデメリットだと思いますけど、流行りについていけなくても定番の曲を数曲用意しておけば済むことなのでそれだけでJPOPをあえて聞くようにするとかしなくてもいいかなって感じです。

ジャズを聴いてみたい、聴き始めたけどよく分からないという人はこちらの記事も目を通していただけると嬉しいです。

【JAZZ】初心者に知ってほしいジャズの楽しみ方!よく分からないが分かる!

最後までありがとうございました。

 

✔️書きたいことを書くのはNG

この文章は自分が書きたいことじゃないか?読者の為になる文章を書くこと。


無料メルマガコミュニティもやってます。

ニートや不登校、仕事を辞めたい人などのための無料メルマガコミュニティを作りました。
僕含めて交友関係の薄い人が、間接的でも誰かと繋がれる場になりますので、お気軽にご参加ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です