ニートでも日本に生まれて日本に住んでいるだけで勝ち組

日本に生まれただけで勝ち組 (1)

極端な話をしますが、

人間に生まれてきただけで幸せです。
日本人に生まれただけで幸せです。

こんにちは、現役ニートのくにみつです。

僕はニートです。
でも晩御飯に何が食べたいか?どこに行きたいか?を自分で決めることができます。

ちなみに昨日は名古屋の「麵屋 はなび」で台湾まぜそば食べてきました。めっちゃ美味しかったです。

この普通のことが、普通にできるってとても幸せだよねって話をしていきます。

日本に生まれただけで超幸せ

まず日本に生まれて幸せだということですが、それは世界の新興国と比べたらということです。

世界にはその日生きていくことで精いっぱいの人々が多くいます。

日本人のように晩御飯は何にしようかな?とか考えることすらない人たちです。

そういう人に比べたらニートだとしても現代の中では上位に入るということです。

 

衣食住は社会保障で守られているし、ホームレスの数も少ない、公園では綺麗な水が飲める。

こんなに生きやすい国はほかにないかもしれないですね。

幸せな日本で対立する

すでに幸せなのにもっと他人と比べて不平不満を言います。

例えば「介護士の給料が他の職業よりも少ないからどうにかしてくれ!」とか、

「保育園落ちた、日本4ね。」とかですね。

日本に住んでいるからそういう他者と比べて不平不満がでてきますが、世界的に見たらそんな悩みを持てるだけで羨ましいと思われるはずです。

つまり、幸せに慣れちゃって下の人たちの存在を忘れているのかもしれませんね。
もしくは自分が世界の最底辺だと思っているのかもしれません。

 

僕も仕事を辞めてニートになって、「あー人生終わったわ~」と考えていましたが、世界的に見たら幸せな部類に入りますね。

家があって、五体満足で何不自由なく暮らすことが出来ています。

下を見て現状の自分に満足するのではなく、最底辺ではないのだからもっと自信を持って頑張ろうってなりたいです。

まとめ

日本というのは恵まれています。

だからか恵まれている環境のなかで対立や足の引っ張り合いが起きます。

 

最近だと海外移住とか流行ってますけど、他社と比べての妬みなどから逃げているようにも感じます。

この生きにくさの原因は中途半端に生活レベルが上がったからかもしれませんね。

 

上位層と同じように生活がしたい、自分たちが同じになれないのは悔しい、でも下の人間は努力が足りない

 

いやいや、みんなそんなに変わんないよって言いたいです。

 

こんな記事をニートが書いても言い訳だろって思われるかもしれません。でもなんか書きたくなったんです。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です