やりたいことがあるならさっさと仕事辞めて始めたら?

こんにちは、くにみつです。

仕事が辛いとか、辞めたいとか思ってる人に限って心の中では「これがやりたい!」って夢があったりしますよね

今回はそんな方々へ、正直に答えます。

「やりたいことや、夢があるならさっさとつまらない仕事なんて辞めたら?」ということ。

人生は短い

結論を繰り返すと「やりたいことがあるなら、さっさと仕事辞めたら?」

だってやりたいことなんだよね?夢なんだよね?

それが例え失敗に終わったとしても、それで人生が終わってしまうならそれでいいんじゃないかな?

だって心からやりたいことだったんだよね?

 

やりたいことなんてない

まあ、実際は社会人のほとんどは自分のやりたいことなんてないんだよね。
ほとんどがなんとなくそっちの方が楽だからとか、面白そうだからとかそういうちょっとしか興味がある程度で、心の底から「やってみたい!!」なんて感情になる人はごく一部だと思う。

もしそのごく一部になることができるなら、こんなブログの記事を見ることもなく、気がついたら会社を辞めていると思う。
それくらい本物を知っている人は自然なことだし、偽物の感情を持っている人は言い訳を続けるだけなんだろうな。

 

やりたいことをやって失敗しても経験は残る

例えやりたいことを決意して、会社を辞めて挑戦したとしても全員が成功するとは限らないよね。

だけど例えコテンパンに失敗したとしてもまた挑戦すればいいと思うんだよね。
多くの偉人だって一回も失敗せずに成功を築いてきたなんてないよね。

バッハやベートーベンだって世界的に知られている名曲というのは作った作品の中の100分の1とかになるよね

そう考えると、自分たち凡人が一発勝負で成功を叩き出すなんて、宝くじで一回の購入で当選しなかったのを涙を流すくらいに悲しむくらい滑稽なことなんじゃないかな。

失敗すると なんだこんなもんかと分かる

1回目は失敗したとしても、その経験は必ず2回目の挑戦の糧になる。

会社設立だって最初は全てがわからないことだらけで頭も使うに、「なんでこんなこと挑戦したんだろう」ってきっと後悔する。

それでもやった人とやらなかった人とでは雲泥の差が生まれると思うよ。きっと1週間で2倍も3倍も成長できているだろうから、手っ取り早く成長したいって人は会社を辞めて好きなこと、挑戦してみたいことに全力を注いでみるといいよ。

 

最後に:人生は短い

結論を再度述べると:「人生は短いんだからさっさと好きなこと挑戦した方が良くない?」ということ

 

僕は会社を辞めて一度も後悔したことはない、むしろ未だにきつい仕事を続けている同期を哀れんですらいる、、、。

人生なんて本当にあっという間に過ぎてしまいますよ。
結婚や、子供、マイホームとかを求め出すとますます自分の人生というのはあっという間に無くなるよ!

僕の知り合いに50代で転職を繰り返している人がいるんだけど、「家族のために70歳まで働ける仕事を探したい」と言っていたんだよね、でもそれって家族のためだよね、自分のためじゃないよね、人生消耗してるよね。

僕はその人が大好きだったから、なんとも不憫で、もっと自分の好きなことを仕事にしてくれー!!って感じで胸が張り裂けそうだったよ。どうしようもなかったけどw

 

つまり、なんどもいうけど人生は短いです。
本当に好きなことに挑戦しまくって、それでのたれ死ぬならそっちの方が幸せだと思うよ!嫌な仕事続けて認知症になるくらいだったら!!

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です