【引きこもりにオススメ】グーグルアースで外出欲を高める5つの方法!

グーグルアース で外出欲を高める方法

グーグルアースがあることは知っているけど自分で使ったことがない。そんな人が多いですよね。

今回はグーグルアースを使ういくつかのメリットを紹介していきます。
僕は現在無職でニートなので引きこもりの人に特におすすめかなと思います。

以下に述べていきますが、一番は外出欲が高まるからです。

やはり「ここに行きたい」「あれを見てみたい」という知識がないと人間外出しませんからね、知識を入れると行動が変わると思いますのでニートに特におすすめします。
もちろん、社会人や学生もグーグルアースを利用することで外出欲や知識欲が満たされるのでオススメです。

グーグルアースを使うメリット5つ

・外出欲が高まる
・知らない場所を知れる
・都市名で検索すると範囲が分かる
・昔を懐かしめる
・日本って意外に小さいことに気が付ける(人が住んでるところ少なすぎ)

以上を紹介していきます。

グーグルアース

外出欲が高まる。

東海地方に住んでいるのですが、結構車でいろんなところ行ったなと思っていたのですが、まだまだ隠れた街や、こっちにも行けたのか!と勝手に諦めていた場所などが見つかるので外出欲が高まります。

遠いと思っていた市が案外近く感じられたりするのでかなりオススメです。
「なんだ実際は大きな山があるだけで真横じゃん!」ってのにも気がつくことができます。

そうなると仕事先の候補とかバイト先、遊び場所も広がるので人生は豊かになっていくと思いますよ。

マークされている知らない場所を知れる

普通の地図でもそうですが、主要な施設や大きな建物はマークされて目立つようになっています。
グーグルアースでも同じなので、マークを見ながらぐるぐると市街探索するだけでかなり知識がつきます。

都市名で検索すると範囲を表示してくれる

さらに都市名で検索するとどこまでがその市なのか分かりやすく表示されるので面白いです。
ちなみに名古屋市だとこんな感じになります。

どこまでが自分の街なのかとか案外知らないので調べてみるのも面白いかもしれません。

地名は知ってたけどどこか分からなかったとか、位置関係が曖昧な知識が修正されていくのでかなり気持ちがいいですよ。
まずは自分の知ってる土地から広げていくと地理マスターになれるかもしれませんね。

昔を懐かしめる

グーグルアースの楽しみ方としては、「昔行ったことがある思い出の地」を手軽に見ることが出来る点もあります。

小学校、中学校、高校、大学もグーグルアースで見ると懐かしく感じるはずです。それだけでなく通学路とか好きだったあの子とか遊び方は無限にありますね。
現実世界で元恋人の家を見に行くとか難易度高いし、怪しいのでできませんからね

日本って意外に小さいことに気が付ける(人が住んでるところ少なすぎ)

グーグルアースを見ていて改めて思ったのは人が住んでるところ少なすぎという点です。

試しに四国の画像を見てみると、まあほとんど森ですよね。
本島もほとんど森で、一部の街に住宅が密集しているだけなのが一目瞭然です。

日本てでかいなーと思ってましたが、このように俯瞰して日本を見てみると思ったより47都道府県の旅行もできそうな気がしてきました。

まとめ

グーグルアースを利用することでいくつかメリットが考えられますね

・懐かしい土地をみにいく
・地名の位置関係が分かる
・外出欲が高まる
・日本って意外と小さいことに気が付ける

こんな感じになるかと思います。

グーグルアースなら海外も見れるのですが、個人的に多少は知識がある場所を調べるから楽しいかなという感じでした。
世界遺産とか巡るのも楽しそうですが、まずは日本で遊び倒します。

それから東南アジアを攻めて行こうかなって考えています。

現状ニートでも世界を探索できるこの時代はとんでもないですね。十分に恩恵を受けながら引きこもり地理マスター目指していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です