【ニート】不登校で将来が不安なのは他者と比較しているから【引きこもり】

こんにちは、くらっちです。

僕は中学2年生の1年間だけ不登校を経験しました。

ツイッターにも多くの学校へ行きたくないと人がいて、共感しかありません。

とても気持ちが分かります。僕も学校には行きたくなかったです。

不登校が将来に不安を抱くのは他者と比較しているから

結論は簡単で、他者と比較して自分を見ているから です。

世の中には学校に行っていなくても立派な大人になった人もいますし、その逆も然りです。
子供のころは周りにいる大人、同級生、先生などしか社会的モデルがいないので仕方ありませんが、必ずしも近くにいる大人と同じような道を進む必要はないはずです。

自分の周りの人間が「学校に行ったほうがいい」という意見を持つ人ばかりであれば、不登校の子どもというのは将来が心配になるでしょう。
逆に、「学校なんて行かなくてもいい」という環境で育てば別のライフモデルがあるため、不登校だからと行って将来を心配することもないでしょう。

自分の周りのどういう価値観を持っている人が多いのかが重要です。それらに逆らう時に不安というのは訪れてきます。

他者と比較しても意味がない

他者の意見に合わせるというのは、この日本の教育の中では絶対のルールかもしれません。

しかし、これからの時代は自分の意見や考え方をいかに自信を持つことができるかが重要になっていきます。

昭和の時代とは違い、今は大企業に入っても終身雇用でもありませんし、リストラだってあります。
エリートを演じていても、それだけで将来が安泰であった時代は終わりを迎えようとしています。

そんな時代に何が大切かというと、たった一つだけ答えがあります。それは 自分が何をしたいのか ということです。

学校というのは自分のやりたいことを将来選べるように、そんな選択肢を広げるための場所でもありますが、もし在学中に本当にやりたいことができたならば学校はただの足枷にしかなりません。

現に芸能人やプロスポーツ選手といった若者はそういった学校に通って、自分の活動を主に行動していますよね。

明確なやりたいことが決まったのであれば、学校は卒業できる程度に頑張ればいいのです。(通信学校でも可)

最後に:自分で答えを見つけ出せ

結論として、自分の中に答えはあるからそれに従えばいい としか言えません。

将来が不安で学校に行ったほうがいいと思うのであれば、学校に行くのがいいです。(通信でも可)
学校なんて行かなくても構わないと言うのであれば行かなくてもいいと思ってます。

自分は中学3年生で復帰したから高みの見物してるんだろと思われるかもしれませんが、僕は高校を120日ほど休みましたし、大学も免許取得などで1ヶ月以上行かない月もありましたし、大学生はほぼ皆さんサボりまくってますよ。

不登校に騒ぐのが中学、高校くらいなもので、それ以降ではそんなに問題視されていないのが現状ではないでしょうか?

小、中、高と皆勤賞なるものが存在するのがもしかしたら悪なのかもしれませんね。

1日でも休んだらその人の価値は無くなる、褒められなくなる、そう言う社畜のための洗脳教育だからこそ、一度レールから少し外れただけで「もういいや」と言う諦めが生まれてしまうのではないでしょうか?

人生100年時代とも言われていますし、そんな最初の1年、2年と引きこもっても微々たる問題にしかなりませんよ。

再度述べますが、自分がやりたいことをしてください。
誰かのための人生ではありません。

全てが自己責任となりますので、後悔のないように生きてください。
ここまで読んでいただきありがとうございました。


無料メルマガコミュニティもやってます。

ニートや不登校、仕事を辞めたい人などのための無料メルマガコミュニティを作りました。
僕含めて交友関係の薄い人が、間接的でも誰かと繋がれる場になりますので、お気軽にご参加ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です