サラリーマンでは定年まで働いても豊かになれない

こんにちは、くにみつです。

私はサラリーマンをしております。今の生活に違和感を感じたため、ブログとツイッターなど新たに挑戦しています。

社会人として今の生活に疑問に思っている、このまま定年まで働くことに疑問を持っている方に向けて書いてきます。

同じ生活の繰り返し、変化したいと思うけど、思うだけという方に少しでも響けば嬉しいです。

サラリーマンでは定年まで働いても豊かになれない

最近よく耳にしますが、サラリーマンでは豊かになれません

この豊という定義が人によってばらつきはあるかと思いますが、「定年まで働いて死ぬまで金銭的に不自由しない」ということだとしたら、もうすでに日本では豊かになれないことが分かってきました。

金融庁の老後2000万問題
トヨタの終身雇用は厳しい発言

これだけでもサラリーマンには大きなショックを与えたことでしょう。

さらに外国では利下げによる金融緩和を行っているのに、日本は消費税増税ですよ。

少し前の自分もそうでしたが、日本のサラリーマンは緩やかに絞殺されているといっても過言ではないでしょう。

分かったのならばサラリーマンをただただ続けるだけで良いという人はいないはずです。

現にフリーランスなどサラリーマンとして会社に依存しない働き方が外国を始め日本にも浸透してきています。

何年後かには「まだサラリーマンやってるの?」なんて時代が来ると思っています。

そのために今からでも遅くないので個人の力を伸ばす努力が必須になってくるでしょう。

サラリーマンが資産を形成する方法

結論として考えなくてはいけないのは、いかに会社に頼らずに資産を増やしていくかということです。

増やしていくというと「年収を増やせばいいのか」と考えてしまいがちですが、資産形成ではそんなパワープレイは必要ではありません。

資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り)

お金を稼ぐというと皆さん収入を増やそうと考えますが、重要なのは支出の部分です。

いかに無駄遣いを減らすかというのもお金を稼ぐことと同じくらい大切なことです。

そして貯金を資産になる投資に回すことで豊かになれます。

 

自分自身にも投資をするべき

そして並行して自分にも投資をするべきです。

年収300万だとしたら、自分というのは年間で300万も現金を稼いでくれる金融商品なのだと考えることもできます。

利回りが3%だとしたら1億の価値が自分にはあるわけです。
年収が400万、500万と増えていくと、利回り計算したら自分の価値がいかに高いかが分かるはずです、なので自分の年収を増やす努力も必要といえば必要です。

ただ会社で増やすよりも、個人事業主になったほうが売り上げ=利益になるのでサラリーマンで年収をあげるなどという無理ゲーを頑張るよりも、ブログやYouTube、ツイッターで頑張るのも一つの手かなと思います。

 

最後に:行動しないと何も変わらない

ここまで読んでいただきありがとうございます。しかし、行動しないと何も変わりません。

まずは将来について真剣に考えてみるとかでもいいかもしれません。

私はこのまま嫌な営業で人生を消耗して何とか生きていくだけでは幸せになることはできないと分かったのでブログを本気でやると決意をしました。

終身雇用も保障されていない、定年も伸びている、老後資金は3000万必要となったら今の若者は従来の人よりも働き続けなくてはいけません。

そんな生活は嫌です。
資産になる行動を続けて、自分の人生を送るために今、努力をします。

楽をするために苦労する。そんな考え方もありですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です