引きこもりで暇すぎる人にオススメしたい有益な時間の潰し方

ゲームやアニメを見たりと充実した引きこもり生活を送ってきたけど流石に飽きてきたな
せっかく時間もたくさんあるし、何か他に時間を潰せるものを初めてみようかな、なんて人はいませんか?

こんにちは、くにみつと申します。

僕は不登校歴とニート歴で合わせて2年ほどあります。
それだけの引きこもり期間があったので、ゲームやアニメを見るだけでは埋まらない時間に辟易としておりました。

思い返すと、「勉強がしたいな」「筋トレでもしてみようかな」などメリットになることを初めてみたい気持ちがありました。
なので今回は、引きこもりにオススメの有益な時間の潰し方を紹介してきます。

時間はたくさんあるわけですから、一通り全てを試してみて続けられそうなものを続けるのが良いかなって思います!

こんな人に読んで欲しい・ニート
・不登校
・引きこもり
・大学生で暇な人

引きこもりで暇すぎる人にオススメしたい有益な時間の潰し方

結論から述べますと、以下の5つになります。

・筋トレ
・読書
・勉強
・料理
・日記を書く

それでは一つづつメリットも含めてご紹介していきます。

筋トレをして強靭な肉体とメンタルを手に入れる

一つ目は筋トレして筋肉と最強のメンタルと手に入れることです。

筋トレの効果には見た目の変化だけでなく、精神面にも大きな効果があることはご存知ですか?

筋トレを行うとテストステロンが分泌されます。
このテストステロンには決断力の向上や強い自信が付く、やる気が起こるなどといった変化が起こるといった効果があります。

さらに同時に分泌されているセロトニンの効果により、うつなどの精神疾患を改善する効果も見られます。

初日から何時間もできるものではないので毎日少しずつ回数と時間を伸ばしていけたら良いですね。

個人的オススメの筋トレYouTubeチャンネルを紹介しておきます。

のがちゃんねる/nogachannel

読書ができるのは贅沢なこと!

読書を一日中できると言うのはとっても贅沢なことです。

読書をすることでストレス解消にもなりますし、知識が増えることで人生は豊かになっていきます。

ジャンルはなんでも構いませんので、自分の興味がある本をとことん読んでみるというのは如何でしょうか?

「そうは言っても別に読みたい本がない」

と言う人も中にはいるでしょう。

僕のオススメは本屋大賞を受賞している本をまずは読み始めると良いかなって思います。

https://www.hontai.or.jp/

本屋大賞は評論家などが決める賞ではなく、一般の読者が投票をして決めています。
つまり、多くの人に読まれていて一般受けする”普通に面白い本”がノミネートされるということです。

その他の文学賞は一般人、特に普段本を読まない人には楽しさが分からない本がほとんどになりますので、そういう心配がない本屋大賞から探してみるのが良いでしょう。

料理できれば人生が豊かになる

料理ができるようになれば人生変わります。

健康を気を使うようになりますし、生活費も抑えられます。
さらに、食材を買いに行くために外出をするようになりますし、料理を通して結婚という永久就職もできるかもしれません。

もちろん、料理で普通に就職できる可能性もありますよね。

 

「そうは言っても今まで一度も料理なんかしたことがない」

なんて人もいるはず。でも今の時代なら大丈夫ですよ。

今の時代はネットでレシピも無限にありますし、YouTubeで探したら動画を見ながら真似て作ることができます。

料理をすることで普段をとは違う脳みその働きをしますし、何か新しいことに挑戦するというのは素晴らしいことです。

外出したくないという人は料理を楽しむのも一つの手と言えるでしょう。

 

レシピが知りたかったらクックパッドで調べたり、YouTubeだったら神崎嘉宏(パンツマン)の動画が個人的に好きです。

勉強は人生逆転の鉄板

読書と似てますが、勉強をすることで人生を変えることができます。

大学受験の勉強でも良いですし、好きなことを知り尽くして専門家になることもできるでしょう。

 

時間はたくさんあるのですから、何を勉強するかを勉強してもいいでしょう。
世の中には想像以上のジャンルがありますし、読書や勉強を続けていくうちに就職や起業に結びつく学びもいずれ出てくるでしょう。

「よく分からんけど、英語を勉強しておけばいいらしいから勉強するか。」

というのは恐らく長続きしないでしょう。三日坊主で終わってしまう可能性大です。
まずは目的を見つけるための勉強を初めてみてはいかがでしょうか、人生で行き詰まっている人にとっては糸口が見つかるかもしれませんね。

引きこもりこそ日記を書け

最後は個人的にですけど、引きこもりで暇な人は日記を書くのがいいのかなと思います。

もちろんブログでもいいのですが、家にずっといる、毎日がただただ過ぎていくというのはそれだけで精神を削っていきます。

毎日を記録することにより、一日に一度だけはプラスになることをしたと自分に言い聞かせることができます。

 

これまで上記で述べてきた「勉強、読書、筋トレ、料理」と並行して今日は何をやったかを記録していくことがオススメです。

それができれば、今までのあなたとは短期間で別人になることができるでしょう。

日記に書く内容も別にポジティブなことでなくてもいいです。

嫌なこと、面倒だったこと、将来が不安なことなんでもいいので書いてください。

その自分の気持ちを素直に書き出すということは、自分のことを客観視することができて行動に繋がるからです。

まとめ

いかがだったでしょうか、再度まとめますね。

・筋トレする
・読書する
・料理する
・勉強する
・日記を書く

この記事をここまで目を通してくれたあなたは、暇すぎる毎日から抜け出したいと考えているはずです。

でも、やるべきことが分かっていても行動できないんですよね。
僕もニートと不登校の時期がありましたので、その気持ちがすごく分かります。

なので手順としては日記をまずは書きましょう。日記なら今日からチラシの裏に書いてでも始められます。
日記なので1日に起きたことを書かないとと思うかもしれませんが、何書いたって構いませんよ。

・将来への抱負
・努力を決意した気持ち
・今までの人生への懺悔
・親や友人への感謝
・勉強して学んだこと

何を日記に書いても問題ありません。ただ日付だけは書くようにしましょう。いつ書いたものなのかが分かると見返したときに嬉しいです。

僕は今はブログとプログラミングの勉強を継続しています。
以前はゲームやアニメなどで時間を潰していたのですが、流石に心の底から楽しいと思えるコンテンツは消化してしまったなと感じたためです。

なのでまだ引きこもり歴が浅い人は十分にやりたいことを楽しんでください。
そして、「もうこれ以上楽しめるものはない!」ってなったら今回紹介した内容に挑戦してみてください。

関連記事:不登校やニートの引きこもりは飽きるまで好きなことしてたらいいよ。

あなたの引きこもり人生が幸せであることを祈っています。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です