集中できなかった僕が集中できるようになった2つの方法を紹介【これだけでいい】

勉強に集中したいのにすぐに気が散ってしまう!
仕事や作業も長続きしなくてイライラしてしまう!

そんな悩みを解決します。

 

こんにちは、くにみつと申します。

僕は以前までは集中力が続かなくて、時間だけはすぎるけど全然進んでいないなんてことがしょっちゅうでした。
しかし今は集中力が続くようになり、作業の効率が爆上げすることができるようになりました。

そこで今回は集中力を高めるために実際に実践している内容をご紹介していきます。

こんな人に読んで欲しい・気が散ってしまい長時間集中できない人

集中力は耳栓とシングルタスクの組み合わせで作れる

僕が実際に行ってる集中する方法は 耳栓+シングルタスク です。

たったのこれだけで驚くほどに集中力が増すので騙されたと思って試してみてください。

一つずつ解説していきます。

耳栓による集中力の効果について

耳栓をすることで雑音を遮断することができます。

作業をするときに音楽やテレビなどを流す人がいますが、はっきりいって邪魔です。

頭を使わずに行える作業であればそれでもいいのですが、勉強や文章を書く、覚えるといった作業の場合はBGMは集中力を妨げる原因になります。

もし何か流したいという場合は声無しが最適です。

個人的に無音が最強だと思うのですが、強いてあげるならホワイトノイズや雨音などですね。

声が入っている音源だと頭の中で日本語がぶつかって集中することができなくなります。
自分が取り組む作業によってBGMをかけるのか、無しにするのか決めてくださいね。

シングルタスクがもっとも集中できます。

マルチタスクが流行っていますけど、集中したい場合はシングルタスクで作業することをお勧めします。

パソコンのモニターが二つある人は一つ消すとか、勉強ならスマホを遠くに置いておくとかしておきましょう。

気が散る材料が視界にあるとそれだけで集中力というのは続かなくなってしまいます。

 

耳栓をしているのも、他の余計なものに気を惑わされないようにするためです。

シングルタスク+耳栓 で目の前の作業だけしか意識を使わなくて済むので、集中力は高いままで維持することができます。

 

なので、喫茶店とか図書館とかで作業するときもなるべく視界に人が映らないように座るとか、耳栓(イヤホン)をするなどで作業に没頭できる環境を作りましょう。

「集中力がなくなる」ことを「気が散る」とも言うように集中できない人は余計な情報が多すぎるのです。

どうしても作業したい人は目の前の環境をまずは整えましょう。
部屋の掃除とか一気にしなくていいですからね?机の掃除だけで十分ですからね。

作業しているときに眼に映る範囲に邪魔なものが無いようにするだけで作業環境としては合格です。

まとめ

再度結論を述べると 耳栓+シングルタスク が集中力を高める上で最強です。

 

マルチタスクについてはよく女性が得意で男性は苦手と言われていますよね。

つまり男性のほうがこの集中法は効くのかなと思っています。

僕も男で、この方法を試してから集中力の高まりを実感しています。
耳栓はアマゾンなどで安く良いものが購入できますので調べてみてください。

これは実際に僕が使っている耳栓で、スポンジのようになっているため遮音性は高いです。
値段もお手頃で複数個入っているので一回の買い物で1年は使えるでしょう。(無くさなければ)

 

集中力を高めて一気に作業を終わらせてしまいましょう。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です