大人になったからか新しいゲームに挑戦できなくなった【挑戦することについて】

大人になってから新しいゲームに挑戦することができなくなった人はいませんか?

今回はそんな人に向けて記事を書きます。

 

こんにちは、くらっち(@kuratti_)と申します。
僕は新しいゲームをすることが苦手になってきました。

やるとしても同じ系統のゲームだったり、続編だったりと言う感じで、
やったこともないゲームは購入する気が起きなくなってしまいました。

恐らく、同じような大人は世界中にいるはずです。

そこで今回はなぜ新作ゲームができなくなってしまうかの原因を考察していきます。

 

新しいことに挑戦して失敗したくないから

僕の場合は「新しいことに挑戦して失敗したくないから」が原因だと考えています。

お金を出して購入しても結局やらなくなるのではないかと言う心配もあるのですが、

それよりも、ゼロから経験値を貯めてゲームを攻略していると言う、初心者スタートに辟易としています。

 

結果的に練習しなくてもそこそこの腕前で遊べるゲームばかりをプレイすることになり、

新作のゲームが出てもすぐには飛びつかないようになってしまいました。

 

年を取ると挑戦できなるなるのは現実も同じ

この「新しいことに挑戦しなくなる」と言うのはゲームの世界だけでなく、現実でも同じですよね。

子供に遊びに誘われても、「大人だからいいよ」と謎の理由で断った経験はありませんか?

 

「恥ずかしい」という気持ちが働くのだと思いますが、

その恥ずかしいと言うのは、他人からみられるのが恥ずかしいことと同時に、

「子供の前で失敗するかもしれない自分に恐れている」こともあります。

 

新作ゲームを心から楽しめないのは、まだ現役意識が高いから

僕がプレイしていたゲームはFPSと言うジャンルで、バリバリの対戦ゲームです。

対戦するので、どうしても勝ち負けがはっきりしてしまうので、自分の負けが増えてくるとそれを直視しなくてはいけません。

 

負けるから=楽しくない

ではないですけど、昔は勝てていたのにと過去の自分と比べることで自己嫌悪に陥っているという状態です。

 

やはり上位ではない自分に嫌気がさして、勝てないのであれば遊んでも仕方がないという気持ちも働いているんでしょうね。

 

まるで、サラリーマンで若者にどんどん追い抜かれていく中年のような気持ちでしょうか?

昔とは違う自分を認めることができれば、良い上司になり、尊敬される人間になれるかもしれませんが、
「生涯現役!最前線!」と無理をしていたら精神的にも疲れていってしまいますよね。

 

年齢によって物事に向き合う姿勢というのは変わってくるものなので、そこをいかに理解できるかが重要になってきますね。

ゲームの場合であれば、昔と違うことを理解して勝ち負け以外に楽しさを見いだすことができればまたゲームで遊べるようになるかもしれません。(僕の場合はFPS)

時は流れていくのですから、柔軟に適応していきたいですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。


無料メルマガコミュニティもやってます。

ニートや不登校、仕事を辞めたい人などのための無料メルマガコミュニティを作りました。
僕含めて交友関係の薄い人が、間接的でも誰かと繋がれる場になりますので、お気軽にご参加ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です