読書が継続しない人は読書メーターを利用して努力を見える化しよう

私は月に5冊程度の本を読むのですが、昨年から読書メーターというサイトを利用するようになりました。

今まで人生で読んできた本をすべてデータとして見ることができたら面白そうだと考えたことありませんか?
普通であれば、読まなくなった本は捨ててしまうか、売ってしまうか、いずれは手元からなくなってしまいますよね。読んだことも忘れてしまう本がたくさんあったはずです。

確かに思い出だし捨てるのは嫌だけど、場所も取るし、そんなことできないよって時に使える良いサイトがあります。

それが読書メーターというサイトです。
グーグルのアカウントでログインできるので新しくアカウント作る必要もないでしょう。

ここに読んだ本、読み終わった日にちを登録していくとデータが溜まっていきます。
個人的には一日当たりのページ数や累計読書ページがどんどん上がっていくのを見るのがモチベーションの維持にも効果的だと思っています。

また感想を記入することもできて、気軽にナイスを付けたり付けられたりするので読書手帳を書くのが苦痛だという人でも気軽に続けることができるはずです。
コメントでの返信もたまにありますが、滅多にありませんので自分の思ったことをただ垂れ流すだけでも案外ナイスが貰えるので、「あんな感想でナイス貰えるの?」とまた次も感想を書こうという気持ちになります。

人によっては感想を書くため、ナイスを貰うために本を読むことに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、本を読み始めた人にとってはモチベーションの観点からも記録を取るのは良いことです。

 

何かを継続するときに重要になってくるのが、積み上げている感覚です。
実際に本を本棚に並べることも大好きですし、データで読んだ文字数が上がるのも楽しいです。筋トレでも勉強でも少しでもいいから挑戦した日にはカレンダーで〇を付けるとかも良いです。なら本でも同じことしましょうねということです。

本を読むことに挑戦したい人、新しい趣味を本にしたい人には特におすすめですので一度サイトを見てみてください。アプリもありますのでスマホからでも操作できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です