【本音】ぶっちゃけブログの毎日更新は辛いです。【続けるには意味がある】

【本音】ぶっちゃけブログの毎日更新は辛いです。

ブログの毎日更新を頑張っている人はいませんか?
ブログを始めた人なら誰しもが毎日更新を夢見て挑戦するはず、そして続けられる人と続けられない人の二人に分かれることになる。

幸い私はこのブログで毎日更新が大体3か月くらい続けることができている。3か月の壁を越えているのでもう習慣化することができたといってもいいですか?

そこでですが、そんな私の本音を今日はブログの記事にしてやろうと思いましたので書いていきます。

ブログを毎日更新している人。
ブログを書くのが辛い人。

そんな人に向けて書きますのでよければ目を通していってください。

ブログって正直つまらない

まあぶっちゃけてしまうとブログを更新すること自体は面白くもなんともないわけですよ。
ほとんどの人が収益目的ですし、人気者になりたいとかそういう理由がほとんどです。

ごくまれに文章を書くのが好きという人もいますが、本当にそうなのかな?と疑問に思ったりもします。

その文章を書くという陰にそれら収益化、人気者とかが含まれているんじゃないでしょうか、もし文章が書くのだけが好きなら作家にでもなればいいはずです。

作家なんて書いてるときはただただ無名だけどそれでも好きで続けている人がほとんどでしょう。つまりそういうことかなと。

 

だから、私ははっきりと言います。

ブログは正直続けるのは辛いです。

辛いブログを続けられる理由は?

ブログは辛いことのほうが多いものです。
それでもブロガーは多いですよね、なぜ彼らは続けることができるのか、今回は自分の経験から語っていきます。

積み上げてきた記事が無駄になるから辞めない

もしブログを辞めて閉鎖してしまったら今までの努力というのは水の泡になってしまいます。

経験は残るので完全に無駄とはいいませんが、時間を味方にした資産的価値がゼロになるので無視できない痛みです。

この痛みが想像できるがゆえに、ブロガーはブログを辞めるという選択肢がなくなるわけです。

このつぶやきを私がしたのでこの記事が生まれたんですけど、我ながら客観視できてると思う。

ブログそのものでなく、継続できてる自分に酔っている感覚

ブログが楽しくなっている人間はすべからくナルシストなところがあると思ってます。

知名度が出てきてちやほやされるのも気持ちいですし、努力ができている自分も好きなはずです。
そしてそんな努力してる自分をSNSで発信することでさらに気持ちよくなることができます。

さて、ではこれがブログである必要はどこにあるのでしょうか?

 

ブログがSNSなどで目立つのは収益と継続の痕跡が明確だからだと思ってます。
利益が出た人は「駄目だった私でもがんばったらここまでこれた^^」と発信して気持ちよくなります。

そして伝えている立場ですからブログを辞めることはできません。そんな循環を続けると習慣になり、ブログ更新が苦ではなくなるというルートかなと思ってます。

鼻から後ろめたい気持ちは何もなく純粋にブログ楽しんでたら有名発信者になってた人もいるかもですが、そういう人の多くはいまだにアメブロとかFC2で小さなグループでひそかに暮らしているので別の存在かと思います。

努力を自慢するのが好きな人がつまらなくても続けることでブログ以外の楽しみをSNSなどで見つけているだけで、ブログ単体が4ぬほど大好きなんだ!という人はごく一部ではないでしょうか。

まあ、酔って継続して成果がでるならそれにこしたことはないですけれどもね。

習慣になってしまったので努力とか感じなくなっていく

すでに私の場合は努力ではなく義務に変わってきているところがありますが、そのさらに上の習慣にすでになってきています。

努力→義務→習慣

このように初めは自ら設けた目標でも途中で飽きがきたりする過程でどうしても義務感を感じてしまう時期があります。
その時期を超えると習慣(努力)に戻ってくる感じではないかと思います。

この中間の義務感というのは途中で必ずと言っていいほど出てきます。そこを乗り越えられるかが何事でも習得するのに必要なことではないでしょうか。

まとめ

ブログに限らず何かを継続させるというのはとても大変なことです。
でも続けることで新たな目標などが設定されてくるので、闇雲にでもいいので続けると道が開かれるのかなと思います。

私も今で3ヶ月ほどブログ継続できていますので、このまま続けていくことを目標にして頑張っていきます。
大目標が死ぬまで続けるということ、そしてその時々の中目標を設定して達成を目指していくという流れを取っていきます。

ブログがめっちゃ楽しいわけではありませんが、今後も付き合っていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です