【投資初心者がやるべき2つのこと】アムウェイ勧められたので金融投資を勧め返した

Beginner investment

先日友人に投資のお話をしました。
きっかけは向こうがアムウェイのようなものを自分に紹介してきたのでそのお返しということで話させてもらいました。

友人はアムウェイのようなものは自分には合っていないとのことなので、なら金融投資のほうがいいのではないか?とオススメした次第です。

そこで話をしたときの内容を記事としてまとめることで、投資をこれから始めてみたいという方の助けになるかもと思ったので共有させていただきます。
今回は利用しないと損だと考える2つの制度を紹介していきます。

投資初心者が始めるべきことは2つある

具体的な制度、投資対象について自分が初心者におススメするものが2つあるのでそれを紹介、説明していきます。

1、積み立てNISA
2、ideco

たったこれだけです。
そしてどちらも長期投資を目的としていますし、設定したら放置でOkなので簡単すぎてなんでやらないのかなと疑問に思うレベルです。

積み立てNISA

名前だけなら聞いたことがある人も多いですよね。

NISAの正式名称は 少額少額投資非課税制度 と言います。

少額から投資することができて、その投資での利益からは税金を取らないよというのがNISAになります。

え?利益が出たら税金取られるの?」と思った方もいるかもしれません、通常の取引だと利益から20.315%が税金として差し引かれてしまいます。

2割も税金で取られたら何のために投資してるんだーってなるので、小額から始められる初心者向けの制度ではそこの税金をなくすよってのがNISAです。

 

NISAと積み立てNISAと二つ制度がありますが、断然積み立てNISAをお勧めします。
自分で調べて判断したいって人は各自で調べてください、でも投資しようかなーって迷ってて行動できない人はとりあえず積み立てNISAが無難なので迷わなくていいかと思います。

積み立てNISAは各証券会社で口座を開設することができるのでぱっぱと作ってしまいましょう。
積み立てNISAの口座を作るのは無料ですので、ここで迷う必要は全くないです。今すぐにでも作ってしまいましょう。(ちなみに自分はSBI証券で作ってます)

そして開設をしたら投資対象を選びます。

ここが悩みどころですが、日本人が大好きなランキングなどもありますので、気になる商品から投資を始めてみるといいと思います。
でもそこも選べない人もいますよね。なので自分が選ぶとしたらどれにするかを参考までに紹介しておきます。理由などは別の記事で書けたらなって思います。

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

などを100円からでもいいので投資してみるといいと思います。
個人的にはランキングを信じて、小額から初めて、慣れてきたら自分で調べて個別で投資を検討してみるというのがいいかなーと思っています。

なぜ積み立てNISAを推奨しているかを少しだけ補足すると、下の画像がNYダウ10年間のチャートになります。

10年NYダウチャート

もうずっと上がってるんですよね、短期の投資だと上がった下がったで負けるときもありますけど、長期間の投資をしていたら買って放置して置いたらまず失敗しないかなと考えるからです。
これから日本の人口は減少していきますが、世界人口はどんどん増えていきます。そしたらアメリカの会社は儲かりますし、株価も増え続けていくでしょう。
10年でこのチャートの推移を示しているのですから、積み立てNISAの20年という期間積み立てたらを想像するとやらないのはもったいないですよね。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

イデコも話をしようと思いましたが、積み立てNISAと似ている部分が多いので補足という形にさせていただきます。

iDeCoは、国が創設した個人型年金制度です。
例えば毎月決まった金額(5,000円から)を60歳まで積立てて、
節税しながら老後に備える公的制度です。
正式名称は個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo(イデコ))といいます。

引用:楽天証券

投資対象は積み立てNISAと同じ投資信託、でも60歳までは引き出すことができないものとなっています。
引き出せないことがデメリットだと考える人もいますが、イデコは年金制度なので引き出せないんです。

だって年金が途中で引き出せたらおかしいでしょう?

利益に課税が無い点だけでなく、住民税、所得税などの節税効果もあるので、老後の2000万を貯めたいという人は始めておかなくては損だなーという制度です。

弱点は企業型確定拠出入ってる人は併用できない点と、人によっては若いときのお金のほうが重要、取り出せないものに投資したくないと考える頭のいい人もいます。でもどうせ使わないなら人生の確実性を高めるために何も考えずに自動で引き落とされるようにしておいてもいいんじゃないかなーって思います。

公務員とか、大企業なら将来の年金も十分かもしれませんが、自営業とか中小企業の人はイデコや積み立てNISAを利用して投資をしておく必要がありますね。

まとめ

積み立てNISAとイデコの話をして、それでもアムウェイのような副業を続けるの?辞めたいんでしょ?という話を友人にしました。

個人的に将来の備えは上記二つと貯金、あとは株式配当などがあれば老後の備えとしては足りるのかなと考えています。
まずは二つを始めてみて、それでも心配だという人がほかの副業も検討するくらいが正常な考えかと思います。

副業の多くが短期で利益を上げるものが多いので、20年、30年、老後のことを見据えた投資というのはあまり選択肢に入ってこないですけど、コツコツ、堅実な稼ぎ方がなんだかんだ安定と高パフォーマンスを出すなと思ってますよ。

このブログも資産形成の保険の一部ですし、やったことが無駄にならない副業や投資をするべきですね。

また別の記事で投資のお話とかしていきたいので、もしよければまた見に来てください。
ここまで目を通して頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です