人間は知的好奇心の塊、知識を得ることに快感を感じるようにできている

頭が良くなりたいと考えたことはありませんか?
人間は知的好奇心の塊なのに、大人になると全然勉強しませんよね。

この記事は私のレポートのようなもので、もっと勉強しようという戒めのために書きました。

勉強ができるようになりたかった

もともと小さい時から勉強ができるようになりたい欲求はあったんです。
でもいつまでたっても勉強が得意になることはなく、気が付いたら大学を卒業して就職していました。

どんな人間も同じように 頭が良くなりたい と考えるはずです。

自分も他の人と同じで、小さいことから勉強ができるようになりたいなーってずっと思って生きてきました。

勉強ができるようになりたいから、自分から塾に行きたいと親に頼み込んだこともあります。

それでも成績がなかなか上がらない自分が嫌になり、できない自分を見たくない、見せたくないことから勉強そのものから逃げるようになりました。

勉強できるようになりたいなーって思ったまま入学した大学では仮面浪人でもしてやろうかと一時的には頑張ってみたりするけど、これも長くは続かない。

やっぱ俺はだめなんだなあ

ずーっと変わらないんだなー

普通に就職することができたしまあいいほうじゃない?

普通って結構難しいのよ、大卒ってだけでも高卒よりは上だし?

なんて自分で自分に見切りをつけて、現状の自分でも十分に頑張っていると納得させて生きてきました。

大人になっても知識欲はあったけど行動は伴っていなかった

社会に出てから、大学4年くらいからですけど
本を読むようになったんですね。

最初は自己啓発系を数冊、それから株式、金融の本を数冊。
それからどんどん分野が広がっていき、副業、ネットビジネス、ライティング、コンテンツビジネス、会話術とかそういう学校の勉強とは違う知識を入れていくようになりました。

少しづつ学んでいるとたまに仕事中や日常生活で役に立つことがあります。

例えば理不尽に怒っている、喚いている人というのは他に打ち込むことのない可哀想な人という情報を知ったとしましょう。

すると日常生活でそういう場面に出くわした、被害にあったときに「こいつ暇なんだな~」と考えている自分がいることにまず驚いたんですよ。

 

あれ?自分こんなこと考える余裕がある人間だったっけ?

 

明らかに、思考のレベルが上がっている自分に気が付いたんです。

 

もう一つ例を挙げると、イライラしているときは深呼吸が良い
という知識を得たとしましょう。

 

実際にイライラしていつもだったら不機嫌オーラを出している自分がいるところなのに、「あれ?こんなところでキレてたら馬鹿だと思われてしまう、深呼吸でもしていよう」と考えることができるようになったんです。

学べば学ぶほど自分が変わっている…
学んだあとの自分のほうが魅力的な気がする…

勉強だけでなく、その知識を実際に使う場面を経験することにより、勉強の重要性を再認識することができ、知識欲がさらに爆発することになりました。

 

そうか、知識は学ぶだけじゃあ面白くないんだ
学んだ知識を使うことが本当の意味での勉強なんだな

 

そう考えるようになりました。

思い返すと学校の勉強ではテストありきの勉強ができていなかったのが楽しめなかった原因の一つかもしれません。

テスト範囲はここからここまでだから、基本問題を反復して必ず得点にするぞ!

みたいに、学んだことを使う前提で学習することができていたら、もしかしたら楽しめたかもしれない。

テストで「やっぱりな~、この問題は出ると分かっていたぜ~余裕だぜ~」って自分の予想通りに問題が出てきたら面白かっただろうなーって思います。

今やるべきことが分かっているかどうかが合否を分けるところがあると思いますが、自分はそういうの考えれていなかったですね。
ただがむしゃらに範囲にでないところも詰め込みでやりまくってました。そりゃーつまんねーよって感じです。

勉強の目的、継続のためにブログを始めてみた

だからブログを作成してみました。
学んだことをただ放置していてもなーんにもいいことないですから。

使える知識にするにも、本当に自分の中で納得して自分のものにしないと日常でぱっと出てこないですからね。
学んだことをすべて日常に取り込むことはまず不可能でしょう。

そのインプット率を高めるためにアウトプットをブログでする。
アウトプットありきのインプットだから記憶にも残りやすい、一石二鳥です。十鳥くらいの価値はあるかもしれない。

 

日常に変化がなさすぎて、ずっとこの生活を続けるんだろうなーって絶望していたところに、微かに光が差し込んできたんです。

だから自分はこれからも勉強を信じて続けていくでしょう。

まじで人生くすぶっている人ほど勉強した方が世界変わるんじゃないかなーって思ってます。

まだ自分もくすぶってた現状からはとくには変わってないですが、気持ちは大きく変わってますよ。

 

そう、あと罪悪感もなくなりましたね。
遊んでても何かやらないといけないことがあるんじゃないか、本当はもっと重要なことがあるんじゃないかとずーっと感じて生きてきましたが、そういうのがなくなった気がします。

宿題やらずに過ごす夏休みみたいな感じですかね。
ずっと生き地獄だった社畜人生から、自発的に学ぶことによって抜け出せた気がします。

やっぱやることやってから遊んだほうが気が楽なんですわ。

 

この記事も他の記事もほとんど自分や昔の自分に言い聞かせるように書いているのも、狙いがあります。
同じような人間を呼び込みたいというのと、書いていることにより客観視することで自分を律することができるからです。

さて、楽になるために本でも読んできますか。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です