20代から青汁!?日中頭が冴えないやつは今すぐ青汁を飲むべし

私は20代、大学時代からかれこれ数年は青汁を愛飲しています。

もともとは薄毛対策に飲み始めたのですが、薄毛への効果は特に感じられませんでした。
しかし、頭がぼーっとしたり、昼夜逆転してたり、すぐにお腹を壊していたのに飲み始めてからは全てが改善したので、そんな青汁のすごさをを多くの人に知って欲しいという気持ちで記事にまとめてみました。

寝起きが良い

飲んだ次の日には効果を感じることができるでしょう。寝起きが良いです。

寝つきも少しは良くなったと思います。でも睡眠時間が短くても寝起きが良いので、起きるほうにフォーカスが向いているかなと思います。

二度寝、三度寝をしないということは昼夜逆転もしにくくなりますので、生活リズムがぶっ壊れている人は青汁を飲んでみると改善するかもしれません。

頭が冴える

さあ、朝気持ちよく目が覚めてから日中の話です。

いつもは頭がぼーっとしていて、何だか眠たいような眠たくないような、そんな頭で過ごしていたのですが、青汁を飲むようになってから、まるで子供の頃のようなスッキリした頭で過ごすことができるようになりました。

思い出してみてください、子供のころは常に冴えていたはずです。
その頃の頭に少しでも近づければ、仕事の効率も日々の生活も向上するでしょう。

スナック菓子、インスタントを食べない

青汁を飲み始めたのが大学時代からですので、その頃ではもうお菓子を買ってまで食べるということがそもそも少なかったので参考になりませんが、インスタントはもう数年は口にしていないです。

健康を気にして、ということもありますが、一番は美味しいと感じなくなりました。
まずいわけではないんですけど、健康意識も高くなりますし、味も濃いですし、お腹が空いていてもインスタントで済ませようとはならなくなりました。

薄味を好むように味覚が変わったのかもしれません
ダイエットをしたい人は青汁ダイエットなんていいかもしれませんね。

 

タバコとお酒も人によっては避けるようになるらしいですが、私は初めから好んでいなかったので分かりません。

お腹を崩さなくなる

青汁を飲むまではお腹をしょっちゅう壊していたのですが、飲み始めてからは数えるくらいしか記憶にないです。

青汁の影響で食生活、生活リズムが正されたからの効果かもしれませんが、お腹の弱い人は青汁特におすすめかもしれません。
お腹を下すのが当たり前になってしまうと癖になりますからね、青汁飲むだけで治せるなら一杯ぐいっと飲んじゃいましょう。

健康意識が高まる

青汁を飲むことで健康を意識するようになります。
食事では脂っこいものは避けるようになりますし、食べる時間、量も気するようになります。

飲んで得られる効果だけでなく、こういった副次的な効果でさらに健康になってしまいますね。

私が普段飲んでいるのは、ドラッグストアなどに置いてある大麦若葉の青汁です。
値段も1000円程で買えますので、まずは軽い気持ちで挑戦してみてはいかがでしょうか。(シェイカーがあると超便利)

しかし、一度飲み始めたら辞めるに辞められなくなるので覚悟してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です