ニートでも同窓会に参加できますよ!むしろニートこそ参加すべきイベントです!

こんにちは、現役ニートのくにみつです。

先日僕のところに同窓会の連絡が来て参加してきました。

ニートということもあり、参加にはかなり悩みましたが、結果的に参加、そして参加して良かったです。

 

あなたがニートの場合、同窓会に参加すると「気まずいのではないか?」「馬鹿にされるのではないか?」と心配になるかもしれません。

この記事ではそんな人へ向けて

前半は「ニートが同窓会に行くか悩んでいるなら、参加するべき」という話
後半は「ニートが同窓会に参加するときに、少しでも気まずさを軽減する方法」

を紹介していきます。

体験談も混ぜて話しますので、信ぴょう性は高いです。

ニートが同窓会に行くか迷っているなら行くべき

この記事を見ている人は少しは同窓会に行くか悩んでいる人ということですよね?
もしくは「ニート 同窓会」で情報集めしている人かどっちかだと思います。

もしも、あなたがニートで行きたいけど現実はどうなのか心配で調べているなら行くべきだと断言します。

理由は2つあります。

①自分を客観視でき、人生のターニングポイントになり得る

僕もニートなので分かりますが、同級生などが頑張っている姿を見ると嫌でも自分と比較してしまいます。

確かにそれは苦しく、つらく、嫌なことなんですけど、部屋に閉じこもっていては自分がどれだけやばいのかが分からなくなってしまいます。

 

同窓会に参加することで、自分を客観視することができるのでそこで「頑張らなくちゃな」と思える可能性があります。

結果的に「やっぱダメだった、家にこもりたい」と思うかもしれませんが、家にいると何も変わらない日常のままですよ。

 

同窓会に参加することでやる気を取り戻し、人生が変わるかもしれません。

そんなパワーが同窓会にはあるはずなので、少しでも迷っている人はつべこべ言わずに参加することをお勧めします。

 

②ニートの度合いによるが、同じような人はいることに気が付ける

真面目なニートにありがちなのですが、大して人生詰んでもいないのに「自分は最底辺だ…」と考えてしまいますが、案外同窓会に行くと同じようなロクデナシがいることに気が付くはずです。

もしかしたら、他のニートやロクデナシは参加していないかもしれない。

その結果、会場の中ではあなたが最下層になってしまい辛い思いをしてしまうかもしれませんが、「参加すらできない自分以下の人間がたくさんいるんだな」と自信を持ってください。

来ていないやつの話を聞いたりすると「あいつはフリーターだよ」「あいつは平日ディズニー言ってるニートだよ」とか情報がどんどん出てくるはずです。

いないやつの話は結構ポンポン皆さん話してくれるので、「ああ、自分だけじゃなかったんだ」と自信を持ってください。

そして、参加できたあなたはニートの中のエリートなので就職や社会復帰も近いはずですよ。

ニートでも同窓会までに悩みを解決できれば問題なし【解決できなくても参加OK】

ニートが同窓会に行くか悩む原因としては、「仕事をしていないから」ですよね?

つまり、その問題点を解決することさえできれば気兼ねなく参加することが出来るという訳です。

正社員就職を目指す

同窓会の知らせが来てから勢いで就職活動を始めたら何処かには引っかかるかもしれません。

もし正社員の就職が決まったのであれば近況を離すことに悩まなくて済みます。

 

もしも就職が間に合わなかったとしても、「前職は辞めて今は転職活動中」と言えばいくらでも話はできますよ。

実際に僕の場合は同窓会で転職活動の話をしました。それに加えて前職の辛かったことや今挑戦していることを話すことで楽しく過ごすことが出来ました。

アルバイトを始めて正社員で働いているフリをする

あまりお勧めしませんが、同窓会の知らせが来てからアルバイトを始めるのもありだと思います。

アルバイトなら正社員よりも簡単に採用してもらえるので確実に同窓会まで間に合うでしょう。

 

しかし、ニートで馬鹿にされる恐れがある人が「自分フリーターです」と言えるか?という問題がありますよね。

馬鹿にしてくる人はフリーターでも馬鹿にしてきますし、フリーターとは言わない方がいいかもしれません。

そこは会場の雰囲気と友人の性格との塩梅を気にしつつ発言していけばいいですね。

 

もしフリーターと言えるような雰囲気ではなかったら、もう嘘をついてしまいましょう。

本当はアルバイトだけど、正社員で雇われていることにして話をしてしまえばOKです。

もし福利厚生とか聞かれたときに話せるように少しだけ知識を入れておくといいかもしれませんね。

 

ただ、僕は嘘をつくことが嫌だったのでこの方法は使用しませんでした。
なので最終手段と考えてもらえるといいですね。

一緒に行く友人、知人の外堀を埋めておく

僕はこの方法も使いました。

サークルの同窓会だったので事前に会っていた先輩方には仕事を辞めたことを伝えておきました。

同窓会も一緒に行こうと誰かを誘うことが出来ればかなり心強いですよ。

 

ニートとカミングアウトするときに、「少数だが確実に味方をしてくれる人がいる」それが分かっているだけで心は楽になります。

事前に今の悩みや、やりたいこと、頑張っていることなどを友人に伝えておけば危なくなった時にフォローもしてくれるかもしれません。

仲間を連れていきましょう!ソロプレイは難易度高いですよ!

まとめ

ニートが同窓会で気まずくならないための方法をまとめると

・就職してしまう
・アルバイトを始める
・友人、知人の外堀を埋めておく(仲間を作る)
・正社員だと嘘をつく

これらの方法が考えられます。
嘘をつくと罪悪感が半端ないので、外堀を埋めて「今は無職です」と正直に伝えたほうが精神的には楽かもしれません。
もしかしたら同じ暇人友達ができて連絡を取るようになるかもしれませんよ、そう考えるとなんだか楽しくなってきますね笑

 

そしてニートが同窓会に行くべきか悩んでいる人はとりあえず行ってしまった方がいいよという話をしました。

・自分を客観視でき、人生のターニングポイントになり得る
・ニートの度合いによるが、同じような人はいることに気が付ける

同窓会というのはそうぽんぽんと開催されるものではありません。

人間は死ぬときは30代でも死にますし、もしかしたら二度と会えない人もいるかもしれません。
自分のことを覚えてくれている人もいないかもしれない。

そう考えると参加しないわけにはいかないなって気持ちになりませんか?

僕はとくに思い出とかを大事にしすぎてしまう傾向があるので、今回誘われた同窓会も行くの面倒で嫌だったんですけど、最終的に参加してたくさんの思い出を作ってきました。

ニートになると思い出というのが少なくなってしまいます、思い出す過去もいづれは忘れていってしまいます。
こんなことあったな、やったな、そういう昔話をしに軽い気持ちで参加してみてください。

僕は同窓会に参加して良かったです。
ニート全員が気持ちよく参加できるとは思えないけど、行かないで後悔するくらいなら行って後悔しましょう。

たった一度の人生なのですから。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です