あくびが止まらない人は上唇を舐める、舌を噛むが効果的。

あくびが原因で相手にやる気のないやつと思われたり、嫌われるなんてのは勿体ないですよね。

あくびを会話中にばれずに止める方法として良いものがあります。

舌の先で上唇を舐める

こっそりできて、相手にもバレないであくびを隠すことができます。

 

舌を噛む も効果がありそうです。

痛みでぼーっとしている頭が刺激されてあくびが連発してしまうときは二つの方法を併用して戦いましょう。

 

自分が会話中にあくびをしちゃうときって、ずっと相手が喋っているか、つまらない話を聞かされ続けているときが多いです。

そんな、苦行を耐えているのだからあくびくらい許してくれよって思いますが、そうはいかないのが社会人。

先輩のつまらない話はつらいですよね。

そういうときは二つの方法でこっそりあくびを抑えましょう。

トイレに立てる場合は、これでもかってくらい深呼吸して脳に酸素を送りましょう。

 

自分はこんなあくびを抑えたり、相手の顔色を窺ったりする会話はそもそもしない人生を送りたい。

夢はフリーランス、でもそのために今は日々勉強してその一部をこのブログで記事にもしているという感じです。

会話もそうだけど、ずっと受け身だとつまらないんですよね

このまま40年間受け身で生きていても何も得られない、何も変わらない、それは怖いなって思うんです。

だから抗って今は生きているという感じです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です