ゲームに飽きてきたのは限界まで楽しんだからです。【やりすぎ】

新作ゲームを買いはするんだけど結局クリアまでは続かないんだよな。
積みゲーばかりが増えていき、昔のようにワクワク感を感じられなくなった。

そんな人はいませんか?
そういう人はもしかしたらゲームに飽きてきているのかもしれません。

 

こんにちは、くにみつです。

僕は小学生からオンラインゲームにハマり、中学はゲームのやりすぎで昼夜逆転(MGO2というゲーム)
高校からはFPSにハマり、大学ではCSGOにどハマりして合計で5000時間はFPSに費やしました。

でも今はゲームの時間といえば一週間に数時間程度で、やらない時は全くやりません。

やらなくなったのは社会人になったとかもあるですけど、理由はよくある生産性の無さに気が付いたとかそんな感じです、、、。

 

さて、今回はそんな僕がゲームに飽きてきたかも?という人に向けてその原因と解決策を紹介させていただきます
僕の経験談も踏まえて書いていきますので、どうか目を通していってくれると嬉しいです。

こんな人に読んで欲しい・新作ゲームを買いはするんだけど結局クリアまでは続かない人
・積みゲーばかりが増えていき、昔のようにワクワク感を感じられなくなった人
・ゲームを惰性で続けている人
・新しい趣味を見つけたい人

ゲームに飽きてきたのは限界まで楽しんだからです。【やりすぎ】

はい、早速結論を述べてしまうとゲームに飽きてしまった人はそれだけやり込んだということです。

ワクワク感が出ないのも多くのゲームを経験することでパターンが見えてしまうのが原因ですよね。
生産性がないと感じるのも、やり過ぎで学ぶものが少なくなってきたから感じることではないですか?

巷で言われているゲームが飽きた原因のほとんどはやり過ぎが原因です。

・ワクワク感が出ない
・生産性の無さに気がつく
・面白いゲームがない
・ストレスを感じるようになる

このような理由が原因でゲームに飽きるかと思うのですが、どれも「やりすぎ」だからかなって思います。

ストレスに関しては「やり過ぎで純粋に楽しめなくてストレスを感じる」といった具合ですかね。

「ゲームに飽きる」とは次のステージに行けという神様からのメッセージ

ゲームに飽きるということは、神様が「そろそろ新しい世界に行きなさい」と言っている気がするのです。

いきなり何言ってるんだって感じですけど、実際そうだと思うのです。

 

飽きたゲームの世界で「何か面白いものはないか」と探す状態というのはまるでゾンビになって徘徊するようなものです。

昔の楽しかった、嬉しかった記憶だけを頼りに当てもなく新作を買い漁るのは恐らく幸せではありません。

 

それではどうしたらいいのか?というと、新しい趣味や仕事を初めてみましょう。

具体的に他の趣味と言っても何も見つからない

そういう人も中にはいるでしょう。
しかし、今までゲームばかりやっていた人間が知るはずもないですよね。

僕もゲームを辞めてから一気に時間が出来て暇になったことを覚えています。
まあ時間ができると自然となんとかしようと行動するので大丈夫だと思いますが、実際に僕がゲームを辞めてから取り組んだ内容を紹介しますね。

・読書
・勉強
・筋トレ
・旅行
・ブログ

旅行なんかはゲームで忙しかった時期は行きたくないとさえ考えていたので、大きな変化の一つです。

友人や恋人、家族との時間が必然的に増えることになるので、リア充よりの生活になっていくかと思います。

 

そして、ゲームを辞めてからは様々なものに手をつける事ができるようになってから人間関係も良好になりました。

今まではゲームの世界がむしろ現実のような生活でしたが、そこから一転したのですから当たり前ですよね。

 

よく知人からは「ロボットが感情を取り戻したみたい」とバカにされますが、悪い気はしません。

 

あなたもゲームに飽きたのであれば潔く辞めて、現実を生きる事で刺激のある楽しい人生になるかもしれませんよ。

それでもゲームに戻ってきてしまう、、、。

はい、なんか今までゲームを辞めて真人間になりましたみたいな事書いてますけど、結果的に僕はゲームを完全には辞めることは出来ませんでした。

ただ優先順位は極めて低くなりましたし、やらなくても「ムズムズする」なんてこともありません。

なので今ゲームに飽きて辞めようか悩んでいる人も安心してください。どうせ戻ってきますから。

 

なぜゲームに戻ってくるのか

なぜ戻ってくるのかですが、僕の考えでは「仕事の後のビールは上手い現象」なのかなと思ってます。

暑い日に外で仕事をした後に飲むビールが美味しいように、他の趣味や仕事を頑張ってからのゲームというのは心の底から楽しめるようになるんです。

ですので、ゲームを辞める=一切やらないではない ので安心してください。

むしろゲームをより楽しむための充電期間と捉えても良いかもしれませんね。

新鮮な気持ちでのゲームはまるで子供の頃に戻ったように楽しいですよ。

 

まとめ:少しだけ休憩しましょう

ここまでの話をまとめると

・ゲームに飽きるのは「やりすぎ」が原因
・他の趣味や現実を楽しもう
・結果ゲームに戻ってきたとしてもそれはOK

何事もやりすぎはよくありません。逆にやらなさすぎもよくありません。

ゲームの代わりに新しい趣味や新世界を見つける事ができたらそれもゲームと同じくらい楽しんでください。

そして、ちょっと疲れたなと思ったらゲームで息抜きでもしましょう。

 

僕はゲームばかりやっていた時期を思い出しては後悔しています。
対戦ゲームだったのですが、楽しめてもいないのに戦績やランキングのために時間を費やしていたからです。

そういう不毛な時間というのははっきり行って無駄だったと後悔しています。
この記事を読んでいるあなたが無駄な時間を費やさないように人生を送ってくれることを祈っています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この文章は自分が書きたいことじゃないか?読者の為になる文章を書くこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です